ライティングクリエイターの菊地です。

 

今回は心理効果として割と有名な「ザイオンス効果(単純接触効果)」のお話をしていきたいと思います。

ザイオンス効果とは

ザイオンス効果とは

「繰り返し接触することで好感度が高まる」

という心理効果のことで、1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが
論文として発表したことから知られるようになりました。

 

ザイアンス効果とか単純接触効果とも言われています。

 

これは人間関係に当てはめると誰もが経験のあることでしょう。

 

学校や職場などで何度も顔を合わると、あまり話をしなくても
それだけで好感度が何となく上がっていったりするものです。

 

このザイオンス効果は主に恋愛テクニックとして紹介されることが多いですが
図形、漢字、衣服、味、においなど様々なものに対して起こる心理効果で
単純に人に対する好感度に限ったものではありません。

 

例えば「曲」などもそうですね。
ドラマなどのタイアップ曲を何度も聞いていると好感度が高まっていくでしょう。

 

ありとあらゆるものに利用できるのがザイオンス効果(単純接触効果)であり
それはアフィリエイトを始めとしたインターネットビジネスにおいても同様です。

 

こちらではザイオンス効果(単純接触効果)を活用する具体例や
コピーライティングへの応用法などについてお話していきたいと思います。

ザイオンス効果(単純接触効果)を活用する具体例①テレビCM

ザイオンス効果を活用している具体例の代表が「テレビCM」でしょう。

 

テレビCMを放映するのは単純に「商品の知名度を上昇させること」もあると思いますが
それ以上に視聴者との接触回数を増やすザイオンス効果を期待しているのが大きいです。

 

だからこそテレビCMは1回だけでなく何度も放映するのです。
そうやって「CMでお馴染みの商品」にしていくわけですね。

 

例えばあなたがコンビニに行った時に全く同じ値段の

A.コカコーラ

B.聞いたこともない会社のコーラ

の二つが並んでいた時にどちらを選ぶ可能性が高いかといえば
A.コカコーラの方ではないでしょうか。

 

正直言ってコーラの味なんてどれを選んでもそれほど大差がありませんよね。

 

となると選ぶポイントは単純に「自分との接触回数が多いもの」になるはずです。

接触回数を増やして「短期集中型」が効果的!

このザイオンス効果(単純接触効果)は「接触時間」よりも「接触回
の方が大事ということも示唆しています。

 

1カ月に1度だけ長時間合う人より1日10分だけでも毎日会う人の方が
好感度が高くなりやすいという具合ですね。

 

実際、ある女性に男性を接触させる実験において

A.1時間丸々会う

B.1時間を4回に分けて会う

の二つでは、ほとんどの女性がBの男性の方に好感度を持ったのです。

 

だから数十秒の接触時間を何度も繰り返すテレビCMは
ザイオンス効果(単純接触効果)にうってつけというわけです。

 

また、ザイオンス効果(単純接触効果)はある一定期間に集中的に接触回数を増やす
短期集中型」の方が、長期にわたってたまに接触するよりも効果が高いです。

 

テレビCMは正に、一定期間に集中的に接触回数を増やす
「短期集中型」ですよね。

 

別の例で言うなら、たまにしか会えない遠距離恋愛が上手くいかないというのも
「短期集中型の方が効果があること」を逆説的に示しています。

 

ザイオンス効果(単純接触効果)を活用する具体例②メールマガジン

ザイオンス効果(単純接触効果)を最も効果的に使っているのが
メールマガジンだと思います。

 

アフィリエイトでもメルマガは常套手段ですね。

 

何か商品を購入する時にメールアドレスを登録するというのは
もはやどんな商品でもされており、メールアドレス登録後は

 

 

・商品購入完了のメール
・商品発送を知らせるメール
・商品到着後のフォローメール

 

など様々な理由を付けてメールを送ってくると思います。

 

そうやって何度もメールを贈ることで購読者との接触回数が増えて
好感を抱かせるんですね。

 

メールマガジンは最終的には何か物を買わせることを目的にしていると思いますが
最初に一通目でいきなり商品を売り込むことはせず、まずは信頼関係を構築することや
好感度を上昇させることを目的にした話をしているはずですね。

親しさを演出して好感度アップ!

そしてメールマガジンは1対1のやり取りを想像させるような
親し気な語り口というのが最大の特徴です。

 

例えば名前を呼ぶときは「皆さん」という不特定多数に対してではなく

「実は〇〇さんにお知らせがあるんです。」

といった具合に名前を呼んで来ることが多いですね。

 

これは単にメルマガ登録した際に入力した名前を自動で割り当てているだけなのですが
やはり名前を直接呼びかけられると親し気に思えますよね。

 

そういった「親し気な語り口」で接触を繰り返すことにより
ザイオンス効果(単純接触効果)の効果をさらに高める狙いもあると思われます。

 

そうして自社に対する好感度を高めてもらってから
別の新商品の発売を登録されたメールアドレスにお知らせした際の
高倍率を高めるというわけです。

 

ザイオンス効果(単純接触効果)と飽き、「10回限界説」について

ザイオンス効果(単純接触効果)について書いてある他のサイトを見ると

「接触回数は10回までが限界でそれ以上は効果がない」

と言っているところがほとんどですが、必ずしも「10回が限界」というわけではありません。

 

確かにあまり接触回数が増えすぎても「飽き」が来そうに思えるので
この「10回限界理論」にも納得できそうなものですが、むしろロバートザイアンスの実験では
10回に限らず接触回数が多い方が効果的という結果が出ています。

 

ロバートザイアンスが行った実験というのは

被験者の大学生に対して彼らが知らない人物の顔写真12枚を

0回、1回、2回、5回、10回、25回

と回数を分けて、それぞれ好感度を0~6の
七段階に分けて評価してもらうというものです。

 

その実験の結果がこちらです。

 

※参考:金沢大学国際文化学科HP

 

10回~25回は上昇率は低下したものの
接触回数の多さに応じて好感度はしっかり上がっています。

 

つまり

「ザイオンス効果は10回までしか効果がない」

というのではなく、単に10回までの間が最も好感度の上昇率が高いということですね。

 

 

メルマガアフィリエイトにおける「ステップメール」において
5通目~7通目で売り込みをかけることが多いのは
単純接触効果が最大化されるという理由もあるのでしょう。

 

ただ接触回数が増えるごとに好感度の上昇率が鈍るのもこの実験結果から予測が出来ますし、
50回、100回と増やしていけば好感度の上昇率はさらに横ばいになっていくでしょう。

 

私はこれが「飽き」なのではないかと思います。

飽きさせないために新しいCMを作り続ける

私が中学生か高校生の頃にふと

 

「カップヌードルなんて誰でも知ってる商品なのに
何で今も新しいCMを作って流すんだろう?」

 

と疑問に思ったことがあります。
その疑問に対する答えは正に「ザイオンス効果と飽き」の関係にあると思います。

 

テレビCMを流すことで視聴者の好感度が上がって購入してもらえるものの
ずっと同じCMを放映していたのでは「飽き」が生じ、ザイオンス効果の効果は
薄れていきます。

 

だから、新しいCMを作って「変化」を付けることにより
なるべく飽きを生じさせずにCMを続けるのです。

 

つまり、新しいCMを作ることで
ザイオンス効果(単純接触効果)が最も効果的となる部分を
何度も繰り返すという狙いがあるのだと思います。

 

また、先ほどお話した「短期集中型」の話ともリンクしていて
ある一定期間に接触回数を増やし、ある程度の時間が経ったところで
また新しいCMに変えることでリセットを図るのだと思います。

 

飽きさせないという意味では「シリーズ物」のCMもそうでしょうね。

 

ソフトバンクの「白戸家」シリーズやauの「三太郎」シリーズは
飽きさせないために違うCMをずっと作り続けていますよね。

 

これが正にザイオンス効果(単純接触効果)の効果的な使い方だと思います。

「よく考えること」を動機づけられると「変化」の効果も低下する

ザイオンス効果の「飽き」に対して「変化」が効果的ではない場合もあります。

 

それは、メッセージの受け手が「そのメッセージをよく考えること」を動機づけられた場合です。

 

デイヴィッド・シューマンという人物が

①被験者に対して「オメガ三」という架空のボールペンのCMを挿入したテレビ番組を見せる

②半数には「同じCM」を見せる(1回、4回、8回)

③もう半数には「変化を付けたCM」を見せる(1回、4回、8回)

 

という実験を行って「同じCM」と「変化を付けたCM」が被験者に
どのような影響を及ぼすかを確かめたのですが、この実験ではさらに

④ある被験者には「実験終了後に好きなボールペンを一本プレゼントする」と伝える

⑤残りの被験者には「実験終了後に口中洗浄剤をプレゼントする」と伝える

 

という風に、「ボールペンについてよく考えること」を動機づけたか否かでの
変化も確かめたところ、

「よく考えることを動機づけられると変化を付けても『飽き』が生じた」

という結果が得られたのです。

 

具体的には、オメガ三に対する好感度は1回よりは4回の方が高く、8回になると低下したそうです。

 

これを踏まえると、ブログ記事のように訪問者が自らの意志で読んでいるものであれば
「よく考えること」を動機づけられているので、あまり多く繰り返しすぎると
ザイオンス効果は低下してしまう、と言えるでしょう。

不快なものを繰り返してもウザいだけ。「さりげなく」がポイント

ザイオンス効果(単純接触効果)については

「嫌いな人・物でも繰り返し接触するにつれて好感度が上がる」

という説明がされることもありますが、現実問題として

いくら接触回数が増えようと嫌いなものは嫌い

 

ですよね。

 

しかも、そういう嫌いなもの・不快なものとの接触が繰り返されるなら、
それはもはや「飽きる」を通り越して「ウザい」になってしまうのは
体感としても分かりますよね。

 

 

好きでもなんでもない人から怒涛の10連投でLINEが送られてきても
かえって鬱陶しいだけですよね。

 

私自身の話で言うとYouTubeの「歌ってみた」があまり好きではないのですが
これらを何度自分の目や耳に入ろうと苦手なものは苦手です。

 

・スパムメールのように毎日送られてくるメルマガ
・ポップアップ広告

 

など、不快に思うものとの接触回数がいくら増えようと
不快なものは不快です。

 

実際、上記であげた「白戸家」や「三太郎」のCMを
「ウザい」「不快」「つまらない」
と感じる人は一定数存在していますからね。

 

「単純」接触効果という名前の通り
相手に特別な意識をさせないように単純な接触の回数を増やすことが
ザイオンス効果(単純接触効果)の効果的な使用方法なのでしょう。

 

それはロバートザイアンスが元々行った実験からも明らかで、
「知らない人物の写真」に対して特別な不快感を抱く人は
まずいないでしょうからね。

 

イギリスのキャサリン妃がウィリアム王子を射止めた方法として有名な
「王子の視界の中にできるだけ入るようにする」
というのも「不快にさせないザイオンス効果(単純接触効果)」の例でしょうね。

 

あくまでも「さりげなく」というわけです。

 

メルマガアフィリエイトにおけるステップメールも
毎日送るよりは「二日おき」とか「三日おき」と、やや間隔を開けて送ったほうが
「ウザい」と思われない範囲のザイオンス効果(単純接触効果)が期待できるでしょう。

ザイオンス効果のコピーライティングへの応用事例

様々なものに対して効果を発揮するザイオンス効果は
コピーライティングにも応用することが可能です。

 

それは「同じ主張を何度も繰り返すこと」です。

 

ただし、同じことを何度も言われると「飽き」が来るので
コツとしては

視点を変えて同じ主張を何度も繰り返す

ということになります。

記事中でのザイオンス効果①最初に結論を言う

記事中で自分が主張することに対して
ザイオンス効果(単純接触効果)を生かすためのスムーズなやり方は

「最初に結論を言うこと」

にあります。

 

最初に結論を言うことは
「その結論に至った理由を知りたくなる」
と、読み手を引き付けるために重要なことでもあります。

 

ただ、ザイオンス効果(単純接触効果)のことを考えても
最初に結論を言うことは重要です。

 

なぜなら、最初に結論を言うとその結論の根拠となる理由や具体的な事例を
挙げることになりますよね。

 

そして、その理由や事例を挙げる時に

「こういう理由があるから〇〇なのです。」

「この事例を見ても〇〇であることは明らかです。」

と、ごく自然にその主張を繰り返すことが出来るのです。

 

しかも最初に主張したことに対する理由や事例というのは
大抵、一つだけではなく数個あることが多いですから
その数だけ同じ主張を繰り返すことが出来ることになります。

 

ザイオンス効果(単純接触効果)の最大の肝は
「不快感を与えずに繰り返す」
ことにあるので、理由や具体的な事例を挙げることにより
自然と同じ主張を繰り返すことは効果的です。

 

もちろん、相手が到底受け入れられないような荒唐無稽な主張を繰り返しても
あまりザイオンス効果(単純接触効果)は期待できないので
結論となる主張に対しては明確な理由を示すことが大事です。

 

どんなに無茶苦茶な主張であっても、人は
「何らかの理由」があればある程度は納得してしまうものです。

 

主張に対しては、必ず根拠となる理由や事例を示しましょう。

記事中のザイオンス効果②最後に「まとめ」を書く

長い記事を書いた時には最後に総括として「まとめ」を書くというのは
訪問者の読みやすさを考えても重要です。

 

あまり長い文章になると情報を整理しきれていなかったりするので
それを再認識させてあげることが出来ますからね。

 

また、文章が長いと途中までは流し読みして
最後の「まとめ」だけは読んでおこうという人も一定数存在していますが、
その「まとめ」に興味のありそうなことが書いてあれば
最初に戻ってじっくり読んでもらえるということもあります。

 

 

何よりも、自然にザイオンス効果(単純接触効果)を狙うことが出来るのです。

 

先ほどお話した「最初に結論を言う」と合わせれば

①記事の冒頭
②記事中の結論に対する理由・事例の説明
③最後のまとめ

と最低3回、同じ主張を読み手の頭に入れることが出来るのです。

 

ブログ全体でのザイオンス効果(単純接触効果)

そして、記事一つの中に限らず
ブログ全体としても同じ主張を繰り返すことは重要です。

 

この記事ではそこまで強く主張しているわけではありませんが
私は記事一つ一つで随所に「コピーライティングは必須のスキルであること」
を何度も主張しています。

 

単にコピーライティングを極めれば成約率を高めるということだけでなく
SEO対策の観点でもコピーライティングが必須であることや
時代が変わっても役に立つ不変のスキルがコピーライティングであること

 

など様々な視点でコピーライティングの重要性を訴えています。

 

そうすれば一つの記事を読み終えて、さらに別の記事を読んだ人が
「コピーライティングが必須のスキルであること」という主張を繰り返し聞くことで
その主張を受け入れてもらいやすくなるということを考えているからです。

 

それは単に自分がしたい「主張」だけではなく
自分がオススメしたい商品」でも同様です。

節操なく「あれもこれも良いです」とオススメ商品をコロコロ変えるよりも
同じ商品について視点を変えて説明する方がザイオンス効果(単純接触効果)
は期待できます。

 

人は選択肢を多く与えられすぎると混乱してしまうものですから
あれもこれも、という風にするのはやめてある程度は絞った方が良いでしょう。

 

コピーライティングを学べば「〇〇の法則」「〇〇効果」は勝手に付いてくる

ザイオンス効果とコピーライティングへの活用法についてお話してきましたが、正直に言ってコピーライティングを学べば意識しなくともザイオンス効果は自然と使うものです。

 

言い方を変えて同じ主張を繰り返す

 

なんてコピーライティングの「基礎の基礎」みたいなものだし、最後に「まとめ」を書いて要点を整理するなんて読み手のことを考えれば当たり前のことです。

 

結局「〇〇の法則」「〇〇効果」なんてものは「今すぐ使える型」みたいな表面だけのテクニックを求めている人が使うもので、コピーライティングの本質的なことを学ぶとそんなものは後から勝手に付いてくるのです。

 

コピーライティングの本質を学ぶならthe million writingという教材をオススメします。

 

コピーライティングだけで年間5億円稼ぐ男の本質的なコピーライティングを学ぶことが出来る教材になっています。

無条件返金保証付きの教材になっているので、試しに読んでみるという感覚でも大丈夫です。

まとめ:ザイオンス効果(単純接触効果)とは?活用事例とコピーライティングへの応用

ザイオンス効果(単純接触効果)とは人、図形、漢字、衣服、味、においなどあらゆるものに対して
「接触回数が増えるほど好感度が増す」という心理効果のことです。

 

テレビCMやメルマガアフィリエイトはザイオンス効果(単純接触効果)の
具体的な活用例と言えます。

「不快にならない程度の接触」である限り回数が増えるほど好感度は上昇していきますが
接触回数が5回~10回の間で効果が最大化し、その後は上昇率が横ばいになり
「飽き」が生じます。

 

コピーライティングへの応用方法は

「視点を変えて同じ主張を繰り返す」

というもので、それは

 

①結論から話してその根拠となる理由・事例を紹介する

②最後に「まとめ」を書く

 

という方法によりザイオンス効果(単純接触効果)を自然に使うことが出来ます。

 

また、ブログ全体としても別の記事で同じことを主張することで
ザイオンス効果(単純接触効果)を活用することも出来ます。

 

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。