ライティングクリエイターの菊地です。

 

今回は、コピーライティング教材の最高峰である「The million writing」のレビューです。

 

 

この教材はとにかく色んなアフィリエイターの方が「この教材は凄い!」と紹介しておりますね。

 

私自身、こういったみんながみんな絶賛するような教材というのは

「どうも胡散臭いなあ~」

と思ってしまうところがあり、実際にそういった教材を購入してもそのほとんどが「思ったほど大した内容ではなかった」という事実を嫌というほど思い知らされてきたからです。

 

彼らは単に高額なアフィリエイト報酬を得たいがために紹介して絶賛しているだけですからね。

 

そしてその疑念は「The million writing」についても同じでした。

 

しかしThe million writingを実際に買うことでその疑念は晴れ、なぜそれほどまでにThe million writingがこぞって絶賛されているのかその理由がハッキリと分かりました。

 

The million writingはその辺のアフィリエイターが報酬目当てで紹介しているような「紛い物」ではなく、紛れもなく「本物」と言える数少ない情報商材の一つです。

 

私自身がコピーライティングの重要さに目覚めて「ライティングクリエイター」を名乗るようになった
きっかけとなった教材でもあります。

 

なぜThe million writingがそれほどまでにすごいと言えるのか、詳しくお話していきたいと思います。

 

コピーライティングこそが唯一の「稼げるスキル」であるということ

SEO対策、キーワード選定力、サイトデザインなど
アフィリエイトにおいて「必須」「重要」と言われているスキルはいくつかあります。

 

ただ、一般にアフィリエイトに必要なものとされている物の中に
本当に必要なものというのはほとんどありません。

 

正確に言うと「これを極めれば大きく稼げる」というものがほとんどないのです。

 

そんな中で「唯一」とも言える

「極めればアフィリエイトで稼げる金額を大きく伸ばすことが出来るスキル」

こそがコピーライティングであると言えます。

 

なぜなら、コピーライティングとはつまり

人の心を動かす文章スキル

のことだからです。

 

人がインターネット上で何か商品を買う時というのはつまり
文章によって心を動かされた時なわけですから、このスキルを身につけることが
アフィリエイトの売上を大きく伸ばすというのは言うまでもありません。

 

むしろ、アフィリエイトどころかビジネスをしている人すべてに習得して欲しいスキルです。

 

そして、理論上はコピーライティングを極めれば
自由自在に商品を買ってもらうことが可能ということです。

 

実際にそう出来るかどうかはともかくとして、そのような
「可能性」「伸びしろ」があるのがコピーライティングなのです。

 

営業する力さえあれば、
どこからか商品を仕入れてきて利ざやを乗っけて売ればいいだけの話です。
どう考えても絶対儲かります。

 

これは元ライブドア社長・堀江貴文氏の言葉です。

 

コピーライティングとは正に、インターネット上の「営業する力の」ことです。

 

この堀江貴文氏の言葉をアフィリエイトに当てはめるなら

 

コピーライティング力さえあれば、
どこからか商品を見つけてきて紹介すればいいだけの話です。
どう考えても絶対儲かります。

 

ということになるのです。

 

アフィリエイトであれば「仕入れてくる」必要もありませんし
「利ざや」どころか原価すら掛からないのですから、
この堀江貴文氏の言葉の比重はより大きなものになると言えるでしょう。

 

だからこそ、アフィリエイトをやるうえでは
コピーライティングの習得が大きな利益を生み出すのです。

SEO対策やサイトデザインが「小手先」と言える理由

SEO対策やキーワード選定力を伸ばしたところで
それは単なる「アクセスを集める能力」であって、いくらアクセスを集めても
そこに書いてある文章が読み手の心を動かすものでなければ物は売れません。

 

例えば1日に1万アクセスを集められるサイトを作ったとしても
そのアクセスのうちの1人しか商品を購入しないのでは
あまり効率が良いとは言えませんね。

 

その一方でコピーライティングを取得して
10アクセスのうちの1人に商品を購入してもらえるなら、
1日にたった10アクセスしかなくても全く同じ収入が得られるということです。

 

そして、このサイトにアクセスが集まれば鬼に金棒というものです。
1万アクセスなら1000人に商品を購入してもらえることになります。

 

アクセスを集めることを考える前に、
まず読み手の心を動かす文章を書くことを考えなくてはなりません。

 

読み手の心を動かす文章を書き、そこにアクセスを集めることで
SEO対策は最大の効果を発揮するからです。

 

そもそも、SEO対策というのは究極のところ

「ユーザーの利便性を考えたコンテンツ作り」

のことであり、それは読み手の心を動かす文章を書くコピーライティングの
目指すところとほぼ一致します。

 

いわばコピーライティングこそがSEO対策であるとも言えるのです。

 

この記事においても、ひたすらコピーライティングを意識して書いただけなのに
「million writing」という検索ワードで検索上位に入っていますからね。

 

次にサイトデザインは、確かに綺麗なサイトに訪問した時に「綺麗だな」と
パッと見の印象は良くなるかもしれませんが、
サイトのデザインの綺麗さが売り上げに寄与する割合はかなり小さいです。

 

例えばあなたがインターネット上で何か商品を買う時に
「サイトデザインが綺麗だから」
という理由で購入したことがあるでしょうか?

 

数百円くらいの少額の買い物ならあまり深く考えずに
買ってしまうこともあるかもしれません。

 

しかし数万円、数十万円という高額な商品を買う際に

「Amazonだから買う」
「ヤフオクだから買う」

などと軽い気持ちで購入することがあるでしょうか?

 

何か高い買い物をする時には、その商品について

・支払う価格以上のメリットが得られるのか?
・他の類似商品と比べて最も良いものなのか?
・本当に今自分が本当に必要なものなのか?

 

こういったことをじっくり吟味して検討するはずです。
そして、そのための情報収集をしていくわけですが
その際に見るサイトについて「デザインの綺麗さ」という要素を考慮しますか?

 

よほど見にくいものでない限り、サイトデザインは大差ないというのが実情ではないでしょうか。

 

これは人間関係でも全く同じことが言えるのですが、
「イケメン」や「美女」には最初は興味を引かれるかもしれませんが
だからといってそれだけで関係を続けようとは思わないし、その人を信頼するわけでもありません。

 

どんな人と関係を続け信頼を寄せるか、というと

その人が持っている考えや価値観に共感できる時

ではないでしょうか。

 

これはコピーライティングにも全く同じことが言えます。
なぜなら、コピーライティングとは書き手の文章に共感してもらうということでもあるからです。

 

共感してもらうことから「信用」を生み、最終的に「行動」を促すのです。

 

人間関係であれ、アフィリエイトであれ、結局は

「中身が大事」

ということになってくるのですね。
そして、その中身を充実させるのがコピーライティングに他なりません。

 

だからこそネット上で言われているどんなスキルよりも
コピーライティングを身に付けることが稼ぐための最短距離
と確信を持って言えるのです。

 

「文章が苦手だから」で済まされない!未来永劫使えるコピーライティング

とはいえ、

「文章を書くのが苦手です!」
「コピーライティングは難しそうでやりたくないです!」

 

という人も少なからず存在します。

 

ただ、これまでお話してきたように
アフィリエイトで大きく稼ぐためにコピーライティングの習得は避けて通れません。
こればかりはどうしようもなく、綺麗ごと抜きの真実です。

 

それでも、文章やコピーライティングが苦手という人にこそ
あえてコピーライティングを身に付けることを考えて欲しいと思います。

 

なぜなら、コピーライティングは一度身に付ければ未来永劫使えるスキルだからです。

 

「人が物を買う心理」というのは今も昔も、そしてこの先も不変なのですから
人の心を動かす文章スキルを身に付ければどんなビジネスをするにしても
絶対に役に立ちます。

 

アフィリエイトを足掛かりとしてリアルビジネスの世界に進出する人は
今では少なくありませんからね。その際にもコピーライティングは役に立ちます。

 

これに対して、先ほど例に挙げたSEO対策やキーワード選定力などはあくまでも
インターネットという”枠組み”の中でしか生かすことが出来ないスキルです。

 

しかもこれらは現在進行形で進歩し続けている検索技術との「いたちごっこ」
であり、今日使える手法が明日通用しなくなったとしても何もおかしくはないのです。

 

にもかかわらず、多くのアフィリエイターがコピーライティングの重要さに気づかずに
他の小手先のテクニックを身に着けることに注力して右往左往しています。

 

挙句の果てには

「コピーライティングなんて無くても稼げます!」
「アクセスさえ集めればリンクを張るだけで勝手に売れます!」

などと”戯言”を宣うアフィリエイト教材に手を出し、
結果として稼ぐことから大きく遠回りしているのです。

 

そんな「いつ使えるか分からなくなる手法」に注力するくらいなら
ずっと使えることが分かっているコピーライティングの習得に時間を費やす方が
よっぽどお得ですし、「文章が苦手だから」で逃げてしまうのは非常にもったいないことです。

アフィリエイトで稼ぎたいならまず最初にコピーライティングを身に着けるべき

「コピーライティングは難しそうだから稼げるようになってからでいいや」

という人もおりますが、私はこの考えとは全く正反対で、むしろ

「アフィリエイトを始めるならまず最初にコピーライティングを身に着けるべき」

だと考えております。

 

なぜなら、コピーライティングを最初に意識するかしないかでその後の稼ぎが大きく変わってくるからです。

 

今回は

「ブログを中心としたアフィリエイトで稼ぐ」

ということに重きを置いて話しているわけですが、
ブログアフィリエイトであればテーマにもよりますが
場合によっては数百個ほどの記事を書くことも普通です。

 

そしてその数百個ある記事一つ一つで集客を担い、
最終的には「商品の購入」という行動を読み手に促すことで
売上を上げていくことになるでしょう。

 

そうした場合に、

①何も考えずにただ闇雲にブログ記事を書いていく

②最初からコピーライティングを意識してブログ記事を書いていく

 

この二つを比べた時の記事一つ一つから生み出される
読者の「反応」の違いの積み重ねはとてつもなく大きなものになります。

 

それがひいては「売上」という数字の違いにも直結してくるわけです。

 

だからこそ、アフィリエイトで稼ぎたいのならまず最初に
コピーライティングを身に付けなければなりません。
そうしないことがどれだけの「損失」を生み出すのでしょうか。

 

ただ、この記事をここまで読んでいる時点であなたは
コピーライティングを身に着けることの重要さに気が付いているはずです。

 

コピーライティングの重要さに気が付いただけでも、
アフィリエイトで大きく稼げるようになる確率はグーンと上がります。
ここで気付けたのはかなり運が良いのではないでしょうか。

 

それに、人の心を動かす文章というものには科学的根拠に基づいた
「法則」が確かに存在します。

 

「コピーライティングは難しそう」というイメージを持っている人も
その「法則」に従った文章を書くようにすれば良いのです。

 

そしてそのコピーライティングの「法則」を
最高水準で学べる教材こそがThe Million Writingなのです。

The million writingとは

The million writingとは、宇崎恵吾さんというフリーのコピーライターが著者の教材です。

 

 

アフィリエイトをやる時には多くの人が

・上手い文章の書き方が分からない
・コピーライティングが難しい

という悩みを抱えております。そして、そういった悩みに対して

「アフィリエイトに文章力は必要ありません!」

「コピーライティングなんて意味ないからやめてください!」

 

などと煙に巻く教材が多い中でそういった口先で誤魔化さずに
コピーライティングの重要さを説き、コピーライティングについて徹底的に教えるという
「真っ向勝負」の教材になっています。

 

著者の宇崎恵吾さんは、そのコピーライティングについて、
とある人物(セールスレター中では「師匠」と呼ばれています)に教わったことで
それまでアフィリエイトで月数十万円程度の報酬しか稼げていなかったのが
月数百万円という文字通り「桁違い」の報酬を稼ぎ出すことが出来ました。

 

この「師匠」は、コピーライティングについて徹底的に突き詰めて研究を重ねたことにより
自身もアフィリエイトだけで月数千万円もの金額を稼ぎ、コピーライターとしても
年間5億円もの金額を個人で稼ぎだしたという人です。

 

宇崎恵吾さんがその「年収数億円」もの金額を稼ぐ「師匠」から教わった
コピーライティングのスキルを余すことなく記しているのがこの
the million writingというわけなんですね。

 

まあ「年間数億円」などと言ったところでネットの社会は
「言うだけならタダ」というところもありますので
これは実際に「師匠」が稼いでいる時の銀行通帳を見た方が早いと思います。

million writing 実績

数百万円という金額がポンポンと振り込まれているのが分かりますね。

 

これが1日の収入なのですから、これが365日続けば年収5億円というのも
机上の空論ではないことが分かります。

 

そして、このThe million writingの教材を販売する際に大手ASPのインフォトップ審査部に

「年間5億の所得を証明できるものを提出してください」

と要望され、実際に5億稼いだという証拠を所得証明などの
第三者にもわかる形で提出し、審査を通ったのです。

 

 

「画像なんて加工すればいくらでも騙せる」

 

と言ってしまえばそれまでですが、
仮にそうだとしても内容とそれに見合った価格であるなら問題ありません。

 

さらに言えば、The million writingのコピーライティングの真髄は
The million writingのセールスレター自体にもふんだんに使われています。

 

セールスレターを読んで心を動かされたのなら、それが正に
The million writingに価値があることを示しているというわけです。

 

そして、The million writingはその内容の凄さと価格の安さは驚くべきものがあって

内容と価格が釣り合っていない

と言わざるを得ません。つまり、その圧倒的な内容に比べてあまりにも安すぎるのです。

 

無条件返金保証付きの3980円

The million writingの価格は3980円で、無条件返金保証付きです。

 

この時点でThe million writingを購入することによるリスクは0なわけです。

 

情報商材というのは原価がほとんどかからないのに対して、価格は1万円とか2万円とかするようなものが多く溢れています。

 

原価がほとんどかからないから、その情報商材を紹介することによるアフィリエイト報酬も「購入価格の半分」という風に高額に設定ができるので、アフィリエイターたちはその高額報酬目当てに「この商材は稼げます!」とこぞって絶賛するわけですね。

 

しかしThe million writingの価格は3980円という安さで、しかも驚くことに「無条件返金保証」がついています。

 

情報商材において返金保障付きというのはよくあるのですが

「教材を実践してから〇〇日経ってから」
「実践した証拠を提出してから」

といった具合に、大体めんどくさい条件が付いているものです。

 

保証が付いているのはまだ良い方で

「あなたに真剣にやってもらいたいので、あえて返金保証は付けませんでした」

と、最もらしいことを言って保証を付けない教材も多い中で

 

「四の五の言わずに金返せ」

 

で返金に応じてくれるのがThe Million Writingです。

 

しかも情報商材という商品の性質上、仮に返金してもらっても
教材そのものを返品する必要がないので実質無料で教材を手にすることが出来るのです。

 

にも関わらず、The million writingの返金を申し込みしてきたのは
購入者のうちたった0.3%だけ、つまり300人に1人だそうです。

 

その理由は明白で、300人のうち299人はその内容に満足しているからです。

 

いくら価格が安くて無条件返金保証が付いているからといって
内容が良くなければそこまでの満足度は有り得ませんからね。

 

ではThe million writingの肝心の内容についてお話していきましょう。

 

人間の「心理」の本質をついた文章の書き方を学べる

コピーライティングや文章の書き方という話になった時に必ず出てくるのが

「〇〇の法則」
「〇〇効果」

といったものですよね。

 

AIDMAの法則、PASONAの法則、QUESTフォーミュラといった
コピーライティングの「型」や

 

ザイオンス効果、ツァイガルニク効果、といった心理学効果は
コピーライティングや文章の書き方の本、教材にはつきものです。

 

そして、コピーライティングを学びたいという人はこういったものを
求めがちです。

 

他の有名なコピーライティングの書籍で言うと
「現代広告の心理技術」なんかはテクニックや型のオンパレードですよね。

 

ただ、「型」や「○○効果」はThe million writingには
ほとんどと言っていいほど出てきません。

 

確かに、こういった「型」「〇〇効果」を使えば
ある程度の文章を書けるということは間違いないでしょう。

 

ただ、「型」や「〇〇効果」というのは

「それが有効とされる結果が統計上現れた」

という「結果論」でのものでしかなく、人の心理のもっと本質的なことを学べば
勝手に後から付いてくるのであえて覚える必要がないものがほとんどです。

 

むしろそういった「型」にこだわると自ずと文章の幅を狭めてしまうので
The million writingにはそういったものは記載がなく、あくまでももっと奥深くの
「本質」を学べる教材になっています。

 

こういった「〇〇効果」や「型」はそのまま使えば
ある程度の反応が取れる文章は書けるので

コピーライティングを学ぶのが面倒くさい

という人にとっては有効だと思いますが
そのような人にはThe million writingは合わないと思います。

 

仮に合わないとしても無条件返金保証があるのですから
買っても損は全く無いんですけどね。

人間の心理3段階

文章を読むときの人間の心理状態の変化というのはどういうものかというと

 

1.興味・関心を引かれる

2.共感・信用する

3.行動する

 

この3つに集約されていきます。

 

これは文章に限らず、全ての人間の心理状態の変化における「本質」と言えます。

 

例えば検索エンジンで何か情報を探す時には

1.キーワードを入れて最も興味・関心を引かれるタイトルのものをクリックする

2.自分の興味・関心のある内容が書いてあるかどうかを冒頭でチェックする

3.記事に書いてある主張について共感し、信用する

という手順を辿っていきます。

 

そしてその後の「行動」については

・別の記事を読む
・メルマガ登録をする
・メルマガLPを読む

など様々な導線が考えられますが、最終的には

4.自分の悩みや願望を解決できる「商品の購入」という行動をする

 

に集約されていきます。
その「商品を購入してもらう」に導くのが
アフィリエイトブログの目的のはずですからね。

 

まず最初に興味・関心を引かなければ記事の途中で離脱されるか、そもそも読まれもしません。

最後まで記事を読まれても共感・信用をされなければ他の記事を読もうとは考えません。

そして、いくら共感・信用を勝ち取っても「商品の購入」という行動に結びつかなければ全くの無意味です。

興味・関心を引き、共感・信用を勝ち取り、行動させる。
この3つをブログ記事の1つ1つで行っていくのがアフィリエイトです。

 

ブログの記事は数百個、あるいは数千個という膨大な数になっていくのですから
コピーライティングを意識しないで記事を書いていては最終的な売り上げや成約率に物凄い差が生まれてくる
ということはお分かりいただけるでしょう。

 

コピーライティングにおいては

  1. NOT OPEN(開かない)
  2. NOT READ(読まない)
  3. NOT BLIEVE(信じない)
  4. NOT ACT(行動しない)

という「4つのNOT」という言葉も良く言われますが、単に言い換えているだけで本質的には同じことを言っています。

 

この3つの要素についてそれぞれ徹底的に掘り下げて

 

・どのような文章が読み手に興味を与えてグイグイ読み進めさせることが出来るのか?

・どのような文章が読み手に信用されるのか?

・どのような文章が読み手を行動に導くのか?

 

ということを学べるのがThe million writingです。

すべて文章で出来ている

昨今では情報商材は音声や動画などで構成されていることが多いですが
The Million Writingはすべて文章でできています。

 

PDFのみで198ページの教材なので
ボリュームは結構なものになっています。

 

文章だけの教材と聞いて

「文章は読みづらいから動画で教えて欲しい!」

という人もいると思いますが、さすがにそこは
コピーライティングのプロが著者の教材ですので

読みづらいということは全くなく、グイグイと興味を引かれてどんどん読み進めてしまう

内容になっています。

 

そもそも、動画や音声の教材というのはそれほど効率が良いものではありません。

 

一見、音声や動画の方が手間が掛かっていて
そっちのほうがボリュームがあるような気がしますし、
セミナー形式の音声の方が「教わってる」感が強いので
モチベーションアップになるという側面もあるでしょう。

 

ただ、実際には動画や音声の教材というのは

要点をまとめず無駄なことをダラダラ喋っているだけ

編集の手間を惜しんで垂れ流しているだけのものが多いです。

 

さらに言うと編集の手間を惜しんで垂れ流すことで

「合計〇〇時間の音声教材!」

 

という風にボリューム感を演出できるというメリットもあるのです。

 

そして音声や動画教材の一番の問題点は

「あそこもう一度見たいんだけどどこだっけ?」

という風になった時に簡単に検索できないというところです。

 

再生時間から何となくの目星はつくかもしれませんが、
そうやって探している間にも文字だけの教材であれば
Ctrl+Fを押して検索すれば一発で辿り着けるんですよね。

 

そもそも文字だけの教材ならほとんどの場合目次があるので
逆引きするのも容易なんですよね。

 

そして動画や音声の教材が売りにしている

「スマホに入れれば通勤電車内でもどこでも見られます!」

というものはよく考えれば文字だけの教材も同様です。

 

むしろ

・イヤフォンを用意する必要がない
・動画再生アプリをインストールする必要が無い
・容量が軽い

という点で文字だけの教材の方が優れているのです。

 

文章の書き方が分からない人のための「基礎」が学べる

人間の心理3段階以前に、そもそも文章の書き方の基礎が
出来ていないという人も少なからず存在します。

 

そういった人のために

・分かりやすい文章の書き方

・イメージしやすい文章の書き方

・主張に一貫性を持たせるための文章の書き方

というコピーライティング以前の「文章の書き方」の基礎とも言うべき部分も学べるので

文章の書き方が苦手!

という方でも問題ありません。

 

ただこれは多くの人にとっては

「そんな当たり前のこと、言われなくても分かってるよ!」

という内容にも思えてしまうので、文章の基礎が出来ている人にとっては
退屈な内容になってしまうかもしれません。

誤字・脱字が多い

さて、これだけお勧めのThe Million Writingですが欠点も当然あります。

 

それは「誤字・脱字が多いこと」です。

 

前後の文脈から推察すれば何を言わんとしているかはわかるのですが
やはり気になる人は気になると思います。

 

ただこれは逆に言えば
「心を動かす文章は綺麗な文章である必要はない」
ということを自ら立証しているということでもあるのです。

 

これはThe million writingのセールスレターでも言っていますが
年収5億円のコピーライターの文章と言えど
別に神懸った文章ではありません。

 

コピーライティングと言うとどうしても

「人の心を操る高等テクニック」
「人を騙す心理技術」

 

のようなイメージを持たれがちですがそんなことは全くなく
一見すると「これくらいの文章なら自分でも書けるよ」
と思ってしまうほどの文章なのです。

 

そして、実はそれくらいのコピーが良いコピーなのです。
だから

 

・文章力が無い
・語彙力が無い
・表現力がない

こんな悩みがあったとしてもコピーライティングの習得とは全く関係ないのです。

 

例えばあなたがどこかの飲食店に入ったとして

・テキパキと流れ作業のようにオーダーを取るベテラン店員

・たどたどしいが一生懸命さが伝わる新人アルバイト

 

のどちらに好感を抱くかと言われれば
よほど急いでいるとかでない限りは後者になるでしょう。

 

コピーライティングの本質はそれに近いものがあるのです。
青臭い表現になってしまいますが「魂で伝える」とでも言うべきでしょうか。

 

そもそも私は「誤用」ですら気にすることはないと考えています。

 

例えば「敷居が高い」という言葉は

「相手に不義理があって尋ねづらい」

というのが本来の意味ですが、近年では「ハードルが高い」と
同じ意味で使われていますね。

 

ただ、言葉の本来の役割というのは

「相手に分かりやすく伝えること」

にあると私は考えています。

 

「敷居が高い」という言葉でより分かりやすく伝えることが出来るなら
誤用かどうかは気にせずにどんどん使うべきなのです。

 

言葉というのは

「分かりやすいものが多数決で選ばれる」

という形で時代とともに変化してきました。

 

正しい挨拶として知られる「こんにちは」や「おはようございます」ですら
本来の形からは逸脱したものです。

 

だから「正しい日本語」を使うよりも「伝わりやすい日本語」を使うことが最優先であり、
文章として成立していないような場合を除いて
誤字・脱字、あるいは誤用ですらコピーライティングの本質とは全く関係ないのです。

 

あなたの目的は国語の教師になることではなく「売り上げを伸ばすこと」のはずですからね。

これを買ったからすぐに稼げる、というわけではない

The million writingを購入して読んだからと言って
すぐに稼げるようになるわけではありません。

 

これはブログが検索エンジンから評価されるのに
タイムラグがあることに加えて、コピーライティングというものが
少し勉強したからといって一朝一夕で身につくものではなく

ひたすら実践を繰り返して定着させるスキル

 

であるから当然です。

 

それにThe million writing自体も一度読んだら終わりというわけではなく
何度も読みこんで脳裏に焼き付けなければその真価を発揮することは出来ません。

 

ひたすら読み込んで内容を焼き付け、実践を繰り返してブラッシュアップさせていく。

 

遠回りなようで、これが結局のところ一番の近道であり王道なのです。

 

そもそも、どんなノウハウであっても
買ったらすぐに稼げるというものは存在しません。

 

私自身、トレンドアフィリエイトのような

「すぐ稼げます!」
「簡単に稼げます!」

と謳われる小手先で稼げる手法に手を出したことで
遠回りになったのでこのことはよく身に染みています。

 

 

The Million Wriningは一度読んだら終わり、というものではなく

「あれってどういう意味だっけ?」

とふとした瞬間に読み返したり、定期的に全部読み返したりなど
「教科書」として常に傍らに置いてほしい、そんな教材です。
(私自身もそのようにThe Milliion Writingを使用しています)

 

そして最終的にはThe Million Writingの内容を読み返すまでもなく
全て脳裏に焼き付けるというくらいまで目指してほしいです。

 

なぜなら、宇崎恵吾さんの師匠はThe million writingについて

「ミリオンライティングを何度も読みこんで暗記出来るようになれば月100万円くらいは簡単にいく」

という風に仰っているからです。

 

そして、師匠がそう強気に言えるほどの内容になっていることは
私自身も強く共感します。

なぜ彼らが3980円(無条件保証付き)という無謀な価格で販売しているのか

なぜ宇崎恵吾さんと師匠は3980円(無条件保証付き)という無謀な価格で
こんな物凄い内容の教材を販売しているのか?

 

「タダほど高いものはない」とは言いますが、
この価格で販売している「意図」が彼らにはちゃんとあります。

 

もちろん、販売することである程度の「利益」は得られるでしょうが
年収5億円の師匠にとってはこんな金額で販売することによる収入は
本当に微々たるものですし、情報商材の多くが数万円という価格を占める中で
あまりにも価格が釣り合っていません。

 

むしろ10万円とか20万円という価格でもおかしくないくらいの内容です。

 

これは彼らの目的が

「自身の教材を販売してくれるコピーライティングの技術を持ったアフィリエイターの育成」

というところにあるからです。

 

The million writing以外にもアフィリエイト教材や個人コンサルなど
様々な商品を販売しているので、それを紹介してくれる技術を持った
マーケット網の作成が根本の目的にあるのです。

 

そうすることで最終的に自身の「利益」につながっていくということですね。

 

だから数万円という価格で販売することより

「The million writingがより多くの人の手に渡ること」

が最終的に自身の利益につながると判断して
こんな無料同然の価格で販売しているのです。

 

もちろんこれはThe million wiring自体の紹介も含まれますね。

 

そうやってThe million writingの紹介も広がれば
よりマーケット網が広がるので申し分ありません。

 

さらにはそうやってコピーライティングスキルが
自分たちと同じレベルにまで達した人達を増やし、
その人達と提携して新たなビジネスを展開していく。

 

結果的に彼らの売上もさらに伸びる、という仕組みです。

 

言ってしまえば「The Million Writingの購入者を利用しようとしている」
ということになるのですが、そもそもビジネスというものの本質が

「お互いに利用し合ってwin-winの関係を作る」

というものですので何もおかしいことはありません。

 

それに、宇崎恵吾さんと師匠の利益とは無関係に
The Million Writingの教材を購入した人には

「5億円コピーライターのコピーライティング技術をタダ同然で学ぶことが出来る」

というメリットがあることには変わりません。

 

ただ、彼らもボランティアでこの教材を販売しているわけではないので最低限の利益は欲しい。
そんなところから設定された価格がこの3980円なのではないかと思います。

 

もちろん、The million wiringを購入しても
彼らが売る商品を紹介する「義務」はありませんので、
無条件返金保証を利用して

5億円コピーライターのライティング技術をタダで身に付ける

ということも可能です。

 

その後は何をアフィリエイトするのもあなたの自由です。

 

ただ、多くの人がThe Miilion Writngという教材の内容の凄さに圧倒されて
宇崎圭吾さんやその師匠が販売する他の商品も知ってみたくなってしまう、
というだけのことです。

 

だからこそ多くの人がThe million writingを絶賛しており
私自身もこの教材は強くオススメしているのです。

 

高額なアフィリエイト報酬に釣られるのではなく
あくまでも内容の凄さから純粋に「絶対に買うべき!」と思えるのは
このThe million wiringくらいだと思います。

 

無条件返金保証保証付きの3980円というリスクなしで購入できるのですから
購入しない理由は無いと思います。

 

 

逆に、この記事をここまで読んで

・コピーライティングを極めることが稼ぐ近道であること
・コピーライティングは未来永劫使えるスキルであること
・The Million Writingがコピーライティングの最高水準の教材であること

に気が付いておきながらThe million writingと触れる機会を逃すなら、
そのこと自体が最大のリスクであることはもうよくご存じのはずです。

 

最初にコピーライティングを意識してコンテンツ作りをするのとそうでないのでは稼ぎが大きく違ってくるはずですからね。

 

>>The Million Writingの購入はこちら

特典:The million writingの要点まとめ

私からThe million writingを購入してくれた場合の特典として
The million writingの要点をまとめたものを差し上げます。

 

The million writingは一度見たら終わり、というものではなく
繰り返し読んで実践することで身につくものなので
稼ぐためには復習することが絶対に必要になっていきます。

 

復習する時に全部を読んでいるとボリュームがあることもあって中々大変なので、
これを読むことで内容を思い出せるように、私自身が”備忘録”として今も使っているものです。

 

そして「要点として書いてあることを見ても思い出せない」という場合に
初めてThe million writingの本編を読み返す、という使い方をしています。

 

恐らくこれがThe million writingを復習する時に最も効率の良い方法ではないかと思います。

 

まあ元々は自分自身が使うために作ったものなので多少見づらいところはあるかもしれませんが
少なくともThe million writing本編の内容を理解さえしていれば思い出せるものにはなっております。

 

The miilion writingの勉強の手助けになればと思います。

 

>>The Million Writingの購入はこちら

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。