ライティングクリエイターの菊地です。

 

私はインフォトップ売上ランキングで長きにわたって上位に君臨している
「LUREA」というアフィリエイト教材のレビュー記事を書いているのですが、
その時に思わず背筋が凍るようなこんなコメントをもらったことがあります。

 

はじめまして。
「調べごと」をしていたら、こちらのブログにたどり着きました。
ネットサーフィンしていたわけでは、ありません。

>実際、コピーライティングの鉄則として
>「よく分からない美辞麗句より単刀直入」
>というものがありますので、それならば最初の冒頭で上記のような会話をするより
>「こちらの記事ではなぜニキビが出来るのか?という仕組みについてお話していきます。」と単刀直入に書いた方がよほど簡単で効率的というものです。

>少なくとも、何を言いたいのかよく分からないまま
>ダラダラといつまでも本題に入らない会話形式の記事は
>大半の人が読み飛ばしているというのが実情ではないでしょうか。

以前、コピーライティング・・・プログラムを購入しました。

上記にあげることは
「どこの何ページ」に書いてありましたか?
ちゃんと説明されてましたか?

おそらく宇崎さん(本庄さん)とその仲間?誰でも同じことしか言ってないので
答えは同じですが。

こうして陰で、自分のブログにセコセコ批判するような記事は書かないでください。

こんなセコいことばかりするから、コピーライティング・・・プログラムを購入して稼げた人は、
「ちょろぽん」くらいしかいないんですよね。後で気が付きましたが、同じようなセコイだから、ということです。

ったく・・・全額返金希望したいですよ。(されなかったけど)

あなた達が某アフィリエイターのブログでさんざん叩かれてるのを拝見しました。
ほとんどの人は気がついてるんでしょうね。

社会人としての責任感がなさすぎです。

ちなみに
IPアドレス見たら、私が誰だか予測できるでしょう?

 

 

ブログというものを使ってオンライン上に記事をアップして自分の考えを発信している以上は、
自分に向けて「批判」「非難」があるのは当然であり、至らないところがあれば
素直に受け入れて反省していく必要があるというのは承知しているつもりではありますが・・・

 

まず、アフィリエイトとは

「第三者が公平な視点で良い所や悪い所を指摘する」

という建前になっておりますので

「陰でセコセコ批判すること」

それ自体がアフィリエイトの存在意義であり付加価値になると私は思います。
(そもそも陰でセコセコ批判しているのではなく、誰に見せても良いものを書いているつもりですが)

 

また、「セコいことをしていること」と
「コピーライティングアフィリエイトを実践している人で稼げた人はちょろぽんくらいしかいないこと」
の因果関係は不明です。

 

そして私が推奨するmillion writingやコピーライティングアフィリエイトプログラムは
「全額返金保証」がついているのだから気に入らなければ返金してもらえば良いだけなのに
何故かそれをせずに私に文句を言っています。

 

さらには

某アフィリエイターのブログで散々叩かれていること
=ほとんどの人は気が付いている
=社会人としての責任がない

という謎の図式がこの方の中に出来上がっているようです。

 

しまいには

IPアドレス見たら、私が誰だか予測できるでしょう?

という統合失調症患者のような一言で締めくくられています。

 

 

口調は丁寧ながら言っていることが何一つ腑に落ちず、これを見た私は

「完全にキ〇ガイだ」

と恐怖したものです。

 

さらに追記でコメントをもらい

 

度々、恐れ入ります。

返信がなかったら、こちらも「言われっぱなし」では居たたまれないので
それなりのことをします。

今がチャンスですね!

 

とおっしゃっており、この方のことを完全にキ〇ガイ認定してしまった私は
「放っておくと何をしでかすか分からない」
という恐怖があったので、理屈が通じるかはともかく出来るだけ丁寧に説明しようと

 

・「よくわからない美辞麗句より単刀直入」はジョン・ケープルズ著の「ザ・コピーライティング」に記述があること

・アフィリエイトは「第三者からの公平な評価」があるからこそ価値があるビジネスであること

・日本においては憲法で「言論の自由」が保障されていること

 

を説いたところとりあえずご納得していただいたようで何とか難を逃れました。

 

アフィリエイトって宗教みたいなものなんです

さて、前置きは長くなりましたが

「アフィリエイトとはある意味宗教のようなもの」

という私の考えがよく表れている出来事だな、と思いました。

 

アフィリエイトで稼ぐ秘訣は結局のところ「続けること」が
最も大きな比重を占めていて、それはとりもなおさず

自分が今やっている手法をどれだけ信じることができるか?

 

ということにも関わってくるわけです。

 

私自身、ネットビジネスというものは
アフィリエイト、トレンドアフィリエイト、YouTubeアドセンス、せどり、
といった具合に世に様々な手法があれども
「全く稼げない詐欺まがいの方法」
は、今はそれほど存在しないように感じています。

 

昔はそういった手法の情報商材でも売ればそれなりに売れたものですが、今や

「ネットビジネスはそんなに簡単に儲かるほど甘くない」

という現実に多くの人が気付いており、
ノウハウそのものの透明性もある程度担保されてきています。
(支払う価格とリターンが見合っていないものもありますが)

 

とにかくどんな手法であれ、真剣にやって続けてさえいれば
それなりの結果がついてくる、そういう風になってきています。

 

だからこそ、改めて

自分が今やっている手法や提唱者をどれだけ信じることができるか?

という精神的な部分の比重が大きくなってくる。

 

言ってしまえば「信じる者は救われる」というわけですね。

 

他の宗派を許せない「宗教的排他主義者」も出てくる

冒頭で紹介した方は恐らく「LUREA」販売者にかなり近しい人物であるか
教材のことを崇拝している「信者」のような人物であると思います。

 

そして、その崇拝する「LUREA」を批判するような私の記事を見て
いてもたってもいられず攻撃を仕掛けたというところでしょう。

 

これは正しく

「自分の信じる宗教のみが正しく、他の宗教の信者は地獄に落ちる」

という考えの宗教的排他主義に他なりません。

 

言っていることは支離滅裂ながら、その「熱意」は本物だと感じました。

 

なぜこんな風に排他的宗教主義者が出てくるのかというと、

アフィリエイトは何が正しいのか100%は分かりにくい

というのが理由ではないかと思います。

 

そもそも広告業というもの自体、
目の前の客ではなく不特定多数の見えない客を相手にする商売です。

 

だから

「客は何に反応して商品を買おうと思ったか」

ということの真実が100%分かるわけではありません。

 

だからこそ、どんなノウハウであれ
「やらなくても稼げること」「無駄な事」
というのは少なからず存在するはずです。

 

結局のところどんなノウハウであれ

「私はこうやったら稼げましたよ!あなたも真似してみませんか?」

と、自分が稼げた経験を拠り所にしているに過ぎません。

 

ある人はやたらサイトデザインにこだわり、
ある人はやたらSEO対策にこだわり、
ある人はやたらキーワード選定にこだわり・・・

 

実際に結果が出ているのなら、どれも正解ということになるわけですね。

 

だからデザイン教、SEO教、キーワード教、といった具合に
いろんな「宗派」が生まれていくのです。

 

そういう意味では私は「コピーライティング教」ということになるでしょう。

 

事実、このブログを通じてひたすらコピーライティングの大切さを説いて
「コピーライティング信者」を増やそうとしているのはある意味事実だからです。

 

何を信じるか、何を信じたいかはあなたの自由かもしれません。

 

ただ、少なくともコピーライティングというものが

・人の心を動かす文章スキルであること

・時代が変わっても不変のスキルであること

・ビジネスには必須のスキルであること

 

という「事実」は変わりません。

 

さらに結果だけで言うなら、私がビジネスを教わっている人物は
コピーライティングを極めることで年収5億円というステージに達したこと
それも「事実」というわけです。

 

そしてこの文章を通じて少しでも心が動かされたのなら
それこそがコピーライティングの力を物語っているということなのです。

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。