「成約率をアップさせる方法」があれば、アフィリエイトやインターネットビジネスに限らず、全てのビジネスに関わる誰もが喉から手が出るほどその方法を知りたいと思いますよね。

 

その「成約率をアップさせる方法」の一つが商品の魅力を最大限に引き出すためのコピーライティングという手法なわけですが、コピーライティングというのは決して「嘘や誇大広告で買わせる手法」というわけではありません。

 

中には嘘や聞こえの良い言葉を並べておいて期待を煽っておきながら実際の商品は大したことがないというのもよくありますが、少なくとも私が考えるコピーライティングの力というのは嘘を並べて買わせることではありません。

 

つまり商品が持つ魅力を最大限に引き出すのが正しいコピーライティングの使い方なので、「そもそも商品自体に魅力がない」という場合は売るためには嘘を並べるしかないということになるわけですね。

 

嘘を並べて魅力がない商品を魅力があるように見せるというのはモラル的にまずいということもありますが、単純に相当なコピーライティングのテクニックが必要になると思うのでオススメは出来ません。

 

だから、最初から「魅力的な商品を選ぶ」ということをすればそもそも嘘を並べる必要はありませんし、本当に自分がその商品に魅力を感じていれば書くことにも困りませんし、しかもよく売れるという良いことだらけです。

 

そして、良い商品を選ぶことが出来ればコピーライティング力がなくてそれなりに売ることが出来ます。例え文章が稚拙だったとしても、その商品の魅力を素直に語っていればその熱意は訪問者に伝わりますからね。

 

だからアフィリエイトにおける成功の最大のカギは「魅力的な商品を選ぶこと」だと私は考えています。それは実際にブログを立ち上げて記事を書く前からすでに決まっていると言っても過言ではないでしょう。

 

それはそもそものテーマ選びや、商品が解決できる悩みの深さや市場規模などの事前のリサーチから導き出されるものだと思うので当たり前と言えば当たり前ですけどね。

 

ただ、アフィリエイトの良さの一つは「紹介する商品を自由に選べること」にありますので、魅力的な商品を選ぶというのは簡単とまでは言いませんがそれほど障壁が高いものではないと思います。

 

とはいえ、アフィリエイト初心者ではどのような商品がユーザーにとって魅力的なのかよく分からないこともあると思いますので、こちらでは

どうすれば魅力的な商品を選ぶことが出来るのか?

ということをお話していきたいと思います。

 

EPCが高い商品を選ぶ

売れる商品の選び方として最も分かりやすいのは、アフィリエイトする商品のEPCを参考にするというものです。

 

EPCというのはEarm Per Clickの頭文字を取ったもので、直訳すると「1クリックあたりの収益」ということになります。

 

広告コードを発行するASPは、広告ごとにその広告がどれだけクリックされてそのうちどれだけ成約に至ったかのデータを蓄積しており、そこから客観的な数値としてEPCというものが産出出来ます。例を挙げて説明しておきましょう。

 

例①アフィリエイト報酬が1000円の商品が100クリックされて1回の成約

 

EPC= 1000円/100クリック =10

 

例②アフィリエイト報酬が4000円の商品が10クリックされて1回の成約

 

EPC= 4000円/10クリック = 400

 

 

広告をクリックしたとしてもその全員が購入に至るわけではなく、商品紹介ページを見て「ん~やっぱりこの商品は要らないかな」という人が多ければEPCが低くなり、逆に「やっぱりこの商品を買おう!」という人が多いほどEPCは高くなりますね。

 

もちろん商品の紹介の仕方やコピーライティングの技術で個別のEPCは変動しますが、統計で見た平均値は商品の魅力を測る数値として分かりやすいものになるでしょう。

 

EPCはASPが広告コードごとに管理していますが、困ったことにASPは「ある程度のアフィリエイト報酬がある人」でないとEPCを公開していないケースが多いです。

 

代表激なASP大手のA8.net、afb、アクセストレードで見てみると

 

A8.net・・・3ヶ月の合計報酬額が10万円以上

afb・・・1カ月の報酬額が10万円以上

アクセストレード・・・3ヶ月の合計報酬額が50万円以上

 

とそれぞれなっており、やはりアフィリエイトでそれなりの結果を出している人でなければ基本的に見ることは出来ません。比較的条件が緩いA8.netでも1カ月に3万円以上稼がないといけません。

 

私に「この商品のEPCはどれくらいですか?」と相談してくれればお答えすることが可能ですが、質問されてすぐにお答えできるとは限らないということや、同ジャンルの複数の商品のEPCを比較して調査することを考えるとやはり自分で調べることが出来るのが一番ですよね。

 

EPCは売れやすい商品を探すのに手っ取り早い指標ではありますが、誰でもすぐに知ることが出来るものではないという欠点がどうしても存在します。

売れている商品の紹介ページをいくつも見る

扱う商品のジャンルにもよりますが、大抵の商品はAmazonや楽天などでも扱っておりそこで売上ランキングというものを見ることが出来ますね。

 

ただ私が言いたいのは、単純に「ランキングで上位に来ている商品を紹介しろ」ということではありません。

 

ランキングで上位に来ている商品を見ることでそのジャンルの商品を買う人は具体的にどんなニーズや悩みを持っているのかということを探ってほしいということです。

 

その商品がランキング上位に来るほど売れているということは、悩みを持つ人のニーズを捉えることが出来ているということです。そして多くの場合、どの商品にも個別に紹介ページ(ランデイングページ、LP)があり、それを読むことで購入者がどんな悩みを持ち、将来的にどうなりたいのかということを俯瞰的に把握することが出来ます。

 

例えば、2018年3月時点で楽天ランキングのサプリメント部門を見ると1位には「ベルタ葉酸サプリ」という妊婦さんのためのサプリメントがあります。

 

ベルタ葉酸サプリの紹介ページを俯瞰的に見ると

 

・妊活や妊娠中に必要な栄養素を取りたい
・赤ちゃんに栄養をしっかり送りたい
・妊娠中は安全なものを口に入れたい
・妊娠中でも綺麗でいたい
・葉酸サプリってどれも同じようなものばかりでどれを選べばいいか分からない
・初の妊娠だから何かあった時には同じ妊娠経験のある人に相談したい

 

こういった悩みを持つ人がこのベルタ葉酸サプリを購入していることが分かります。逆に言うと妊娠中や妊活中の人はこういった悩みを持っているのだから、それを解決できることが出来る商品は魅力的な商品ということになります。

 

同じようにランキング2位の商品、3位の商品なども合わせて見ていけば、よりそのニーズや悩みを浮き彫りにすることが出来ますのでこれはやればやるほど良いと思います。少なくともランキングの1位~10位くらいまでは見ておきましょう。

商品紹介ページを読むことでそのジャンルの基礎知識を勉強できる

この方法は自分が立ち上げる予定のジャンルのブログのターゲットがどのような悩みを持っているのか、を知ることが出来るのに加えて「そのジャンルに興味がある人たちの基礎知識」を学ぶことが出来るのも一つの利点です。

 

商品紹介ページ(LP)の文章というのは、その商品を売る会社がターゲットの知識レベルや具体的な悩みを掘り下げて作成されているからこそターゲット層に響く言葉を書くことが出来ています。そのジャンルならではの「あるあるネタ」などが普通に出て来たりするので非常に参考になります。

 

よくアフィリエイトを始めるには「そのジャンルの本を3冊読む」ということを推奨されますが、それに加えてこの「商品紹介ページをいくつも見る」ということをするとピンポイントで必要な知識を身に付けられるので非常にオススメです。

 

ベルタ葉酸サプリのページを見ると

「厚生労働省が妊婦に対して1日400μgの葉酸の摂取を推奨している」

という知識を得ることが出来ます。これはもはや妊婦や妊活中の方にとっては「常識」とも言えるくらいの基礎の基礎の知識なのですが、もしあなたが妊活サプリをアフィリエイトするとしたらこれくらいの知識は身に付けていなければ話になりません。

 

紹介ページを見て分からない言葉があればその都度Googleで調べて腑に落としていきましょう。そしてそのページに書いてあることの中で分からないことは無い、という状態になれば問題ありません。

 

これを繰り返していくことで「妊活サプリをアフィリエイトするために必要な基礎知識」というのが身についていくはずです。

 

まあ同ジャンルの商品というのは探せばキリがないので全部見ることは難しいでしょうが、少なくとも10個は見ておきましょう。

商品紹介ページをいくつも見ると「独自性を持った魅力的な商品」が分かる

そうしていくつも見ていくと、段々後半の方になって「どれも似たような商品ばっかりだな~」と思うようになっていきます。その状態になれば魅力的な商品の選び方は簡単で、

たくさんある似たような商品とは違う独自性を持ったもの

ということになります。

 

例えば私が腸内環境をテーマにしたアフィリエイトブログを運営していることは何度かお話しておりますが、その中で「スルーラ」という妊活サプリを紹介しています。

 

妊活サプリというのは本当にどれも似たようなものばかりでそのほとんどが「葉酸サプリ」なのですが、このスルーラは「妊婦に必要な葉酸を取りつつオリゴ糖で腸内環境を整えることが出来る妊活サプリ」という独自性を持った妊活サプリになっています。

 

これは他の葉酸サプリと比べて独自性を持っているということに加えて、ブログのジャンルにも合致した魅力的な商品だったので現在も紹介を続けています。

 

ただ私が「スルーラ」を見つけることが出来たのは偶然です。A8netの検索で「オリゴ糖」と入れて見たら発見したというだけの話です。

 

結局「魅力的な商品を探す方法」というのはASPで一つ一つ地道に見ていくしかありません。

 

ただそのジャンルの基礎知識の有無によって、せっかく魅力体な商品に触れてもスルーしまうことが考えられるので備えとして知識を入れておきましょうという話ですね。自分で探さなくともASP担当者からクローズド案件の紹介として問い合わせが来ることもありますので。

「売れている商品を売る」では芸がない

深く考えずに単にEPCが高いものやランキング上位の商品を紹介するというのはアフィリエイトにおいて鉄板の手法です。やはり売れている商品というのは何かしら理由があって売れているわけですからね。

 

例えば私が運営する腸内環境のブログにおいてはEPC500以上のサプリメントを紹介しているのですが、このサプリメントだけでなんと月に50万円以上の報酬を得ていますのでEPCというのは「売れる商品」の選び方において明確な指標になることは間違いないでしょう(サプリメントの平均的なEPCは二桁がほとんど)。

 

ただこんなことはアフィリエイト初心者でも誰でも思いつくような当たり前のことです。それでもアフィリエイトについて解説しているサイトでは大抵「売れる商品の探し方」として「売れている商品を売りましょう」と言っていますね。

 

私が考えるアフィリエイトの価値の一つは「あまり知られていないけど良いものを紹介する」ということにあると思うので、是非あなただけしか知らない魅力的な商品を見つけて紹介してあげましょう。例え今はあまり有名ではないとしても、その商品の良さが広まったりプロモーションを強化して知名度が上がれば先行者利益で美味しい案件になるはずですしね。

 

以上のことを踏まえて私が思う「アフィリエイトにおいて売れる商品」というのは、あなたがどれだけ情熱を持ってその商品の良さを語ることが出来るかにかかっていると思います。つまり、「あなたが本当に良いと思っている商品」ということですね。

 

その商品を本当に心から紹介したいと感じていると、その熱意というのも不思議と文章に現れるものです。月並みな精神論のような結論になってしまいますが、結局は「良いと思ったものを紹介する」ということがアフィリエイトの本質であり、王道になると思います。

 

それとこれも精神論のような話ですが、紹介しようと思っている商品のことを「これは世界一凄い商品だ!」と半ば自己暗示のように自分を言い聞かせるというのも良いです。

 

「騙す」というわけではありませんが、その方が商品の細かい長所に気づきやすかったり紹介する文章の細部に熱意が宿り、説得力も生まれるのです。

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。