「SEO対策」という言葉は、アフィリエイトを始めとして
ブログを運営している人にとっては常識とも言えるものになっています。

 

今更言うまでも無いかもしれませんが、SEO対策と言うのは
Serch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略ですね。

 

・狙った検索ワードを記事中になるべくたくさん入れる
・記事の文字数を増やす

といった、検索エンジンで上位表示されるために有効とされている施策のことです。

 

その一方で「SEO対策」と聞くと
「難しそう」「よく分からない」という人も多いですね。

 

ただ私は、率直に言って「SEO対策」という概念を知る必要すらないと思っています。

 

むしろSEO対策と言う言葉を知ったことで
逆にそれが足かせになっているのではないか、とすら思っています。

 

本来、コンテンツ作りにおいて小手先のSEO対策などは不要なのです。

 

こちらでは、なぜ小手先のSEO対策が不要と言えるのかを
Googleの理念や検索技術の実例と合わせてお話していきたいと思います。

 

呪いの言葉「SEO対策」

多くの人間が「SEO対策」という言葉を知ったことで
検索で上位表示させることに躍起になりすぎて
本来するべき「良質なコンテンツの作成」に労力を割けない状態にあると言えます。

 

これは正しく呪いという言葉がしっくりきます。

 

「SEO対策」という言葉さえ知らなければ
そんなことは意識もしなかったはずだからです。

 

普段は無意識にしていたはずの「呼吸」を
意識した途端に苦しく感じるのと似ています。

 

「SEO対策」という言葉を誰が最初に言い出したのか知りませんが
言葉だけが先行して本質を見失っている、という印象です。

 

それに「良質なコンテンツ作り」こそがSEO対策の「唯一の答え」であることをGoogleが示しているのです。

 

Googleのアルゴリズムは誰にも分からない

そもそもの話として、Googleが検索エンジンのアルゴリズムを公開していないので
検索エンジンを完全に攻略することなど不可能です。

 

それはSEO対策の「プロ」を自称する人であっても同様です。

 

「SEOコンサルタント」「SEO屋」とまあ色々な呼び方はありますが、
Googleがアルゴリズムを外部に公開していないのにアドバイスって
机上の空論でしかありませんよね。

 

何しろSEO会社と契約してわざわざSEO対策していた会社が
SEO会社との契約を打ち切った途端に上位表示された
なんて話もあるくらいなのです。

 

SEO対策のプロを自称するSEO屋ですら
「たぶんこうだろう」という希望や予想だけでやっているということです。

 

私は、もはやSEO屋の存在意義すら疑わしいと感じています。

アルゴリズムの天才が世界中から集まるGoogle

Googleという会社は世界中からアルゴリズムの天才が集まって来ます。

 

{first 10 – digit prime found in consecutive digits of e}.com

 

これはGoogleが2004年にシリコンバレー高速道路101沿いに出した
求人広告」の看板に書かれていたものです。

 

(自然対数の底”e”の中で最初に出てくる連続した10桁の素数)」.com
という意味になり、答えは「7427466391.com」になります。

 

一定以上の数学知識が無ければ分からない問題を出して
採用者の知能レベルにふるいをかけたわけですね。

 

さらにここにアクセスすると今度は次の問題が出され、そのようにして
難問を解き続けることでようやく「Googleの求人情報の画面」が出てくるのだそうです。

 

Googleはそうやって世界中の天才を集め、
日夜検索アルゴリズムの技術を進歩させているのです。

 

Google内部の人間でもないSEO屋がGoogleの天才集団に太刀打ちできるわけがないのです。

SEO対策の唯一の正解「ユーザーの利便性の向上」

さて、そんな天才集団GoogleはSEO対策の唯一の正解として
「ユーザーの利便性を第一に考えること」を挙げています。

 

Googleが掲げる10の事実

 

というGoogleの理念を並べたものがあるのですが、そこに

 

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」

 

というものが出てきます。

 

Googleが掲げる10の事実というのは、あくまでも「Googleが目指すべきところ」という自社理念なので
SEO対策のことを直接指しているわけではありませんがこの言葉にGoogleの本質が集約されています。

 

それは「10の事実」を掲げる中で一番最初に掲げていることからも
Googleが最重要視していることがわかります。

ウェブマスター向けガイドラインにおける「ユーザーの利便性」

具体的なコンテンツ作成における方針を記述している
ウェブマスター向けガイドラインにおいては

 

基本方針

・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

・ユーザーをだますようなことをしない。

・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

・どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

 

ここでも「ユーザーの利便性」を一番最初に持ってきているように
Googleがユーザーの利便性をどれだけ大事に思っているかが分かります。

 

そして、一番最初の項目以外もよく見ると

・ユーザーを騙すようなコンテンツを作らない
・ユーザーにとって役立つかどうかのポイントを確認する
・独自性、価値、魅力のあるサイトを作って他のサイトと差別化する

という風に、結局は「ユーザーの利便性の向上」に沿ったものであることが分かります。

 

また、ウェブマスター向けガイドラインでは次のようにも書いています。

 

抜け道を探すことに時間をかけるより、ガイドラインを遵守することでユーザーの利便性が向上し、検索結果の上位に表示されるようになります。

 

抜け道、裏ワザ、そういう小手先の手法を探すよりユーザーの利便性を向上させることが一番のSEO対策である、ということ。
要するにこれがSEO対策の「答え」なのです。

 

仮にそういう小手先の手法が通用するとしても検索エンジンの技術が進歩するにつれて
淘汰されていくのは目に見えています。

 

そして、検索エンジンの技術の進歩を示すのが
最近のGoogleのCMです。

「いい感じのカフェ」で検索出来るGoogleの技術

従来のSEO対策と言えば

「タイトルに検索ワードを詰め込む」

というものが今も主流です。

 

ところが検索ユーザーの中には自分が何を知りたいのかをうまく言語化できない「検索下手」な人がいるものです。

 

私が過去に運営していた雑学系ブログで「衆議院と参議院の違い」について
書いた記事があるのですが、その記事にアクセスしてきた人の中には

「衆議院と参議院の違いって何なんでしょうか?」

こんな風に、まるで生身の人間に質問するような言葉で検索してくる人もいました。

 

 

そんな「検索下手」な人の為と言うべきなのか、Googleは

「いい感じのカフェ」で検索する

というGoogleの使い方を推奨するようなCMを流しています。

 

どう考えても検索エンジンの使い方がうまいとは思えませんが
Googleはそれに沿った検索技術を開発しているということです。

 

そして、今後のGoogleがどのような検索技術を開発するかを
予測するのは不可能でしょう。

 

いったい誰が「いい感じのカフェ」で検索する様子を想像できたでしょうか。
Googleの天才集団はこんなことも可能にしてしまったのです。

 

Goolgeは他にも「肉肉しい料理の店」で検索する、というCMを流しています。

 

要するに従来の「SEO対策」というのは
こういったGoogleの検索技術の進歩とのいたちごっこなのです。

 

Googleが「ユーザーの利便性の向上」を掲げる以上は
こういった検索技術の進歩は今後も続いていくでしょう。

 

このような検索技術の進歩が行きつく最終形は
「もはやSEO対策自体が無意味」
という状態ではないかと私は思っています。

 

現状はまだそこまでには至っていませんが
その「可能性」を感じさせるような話ですよね。

 

こんな風に新たな検索技術が出てくるたびに新たな対策を講じているのでは
恐ろしく効率が悪いというか、追いつくことも不可能です。

 

しかし検索技術がいくら進歩しても、
Googleが追い求める「ユーザーの利便性の向上」は不変です。

 

そしてその「ユーザーの利便性の向上」こそが
SEO対策における唯一の正解として示しているのですから
それに沿ったコンテンツをひたすら作るのがSEO対策なのです。

「SEO対策」という実体のない恐怖

「SEO対策」の月間検索数を
Googleのキーワードプランナーで調べると100万回以上にもなります。

 

これに加えてYahoo!での検索数も含めると
単純にその倍の数ということになりますね。

 

「SEO対策」はそれだけの巨大市場になっているのです。

 

「SEO対策」に限らず、新しい言葉を生み出すということは
新たな市場を作り出すことと言い換えることも出来ます。

 

例えば、今では当たり前のように使われている「口臭」という言葉は
リステリンを販売しているランバート社が自社製品を売るために
広告キャンペーンの中で作り出したのは有名な話です。

 

医療や保険などの分野を初めとして
恐怖を煽って売るというのは常套手段ですからね。

 

ただ、口臭と違って「SEO対策」は実体のない恐怖でしかありません。

 

それでも、これだけの巨大市場である「SEO対策」に目を付ける
「SEOコンサルタント」「SEO屋」は決して居なくならないし
SEO対策の難しさや複雑さを必要以上に煽り続けるでしょう。

 

 

だったら「SEO対策」に時間を費やすよりはGoogleが「答え」として示している
「ユーザーの利便性」を向上させることにひたすら注力するのが良いでしょう。

 

というか「SEO対策」という言葉さえ知らなければ
真面目にコンテンツ作りに励んで「ユーザーの利便性」を
向上させていた可能性が高いですよね。

 

やはり「SEO対策」は呪いの言葉なのです。

 

そもそも私たちが相手にするのは検索エンジンではなく血の通った生身の人間です。

 

検索で上位表示されたところでユーザーの利便性に沿う内容でなければ
少し読んでもすぐに離脱するか、そもそも読まれもしませんよね。

 

そして、ユーザーの利便性を向上させることが
検索エンジンと読んだ人の双方に好かれるという一石二鳥な話なのですから
小手先のSEO対策に走るより最初からこれをやったほうがよっぽどお得なんですよね。

 

まあ私のように「SEO対策」というネタで記事を書くのなら
SEO対策のことを知っても無駄にはなりませんが、
他のジャンルのブログを運営する時のコンテンツ作成においては
「SEO対策」は特に意識しなくても良い言葉だと思います。

ユーザーの利便性の指標:滞在時間と巡回率

ユーザーの利便性を測るために唯一と言っていい具体的な数値の指標が
「滞在時間」「巡回率」だと思います。

 

つまり
・ユーザーがどれだけの時間そのサイトに留まっていたか
・ユーザーがどれだけの数のコンテンツ(記事)を読んだか

ということですね。

 

これらを向上させるためには
訪問者に記事中の文章を最後まで読んでもらい、なおかつ
「他の記事も読んでみたい!」
と思わせる必要があります。

 

特に、アフィリエイトブログにおける巡回率の上昇は売上の上昇にも直結します。
それは、一つ一つのコンテンツで集客しつつ最終的に「商品紹介ページ」に誘導することが目的になるからです。

SEO対策の観点だけでなく売上の上昇のためにも巡回率を上昇させることが重要なのです。

 

まず、ユーザーの滞在時間を上昇させるためには
単純にコンテンツ量(文字数)がある程度必要になってきます。

 

このことから従来のSEO対策では「文字数を〇〇以上にしましょう」とよく言われますが
文字数を増やせば良い、という単純な話ではありません。

 

いくら文字数を水増ししたところで訪問したユーザーが

「興味ないな」「求めている情報が書いてないな」

と思ってしまえばすぐに離脱してしまうからです。

 

ちゃんと読み進めれば有益な情報が書いてあるとしても
そこに辿り着くまでが退屈なら読まれる前に離脱されるだけです。

 

最後まで読んでもらったとしても、そこに書いてある主張などに
読み手が納得できなければ「他の記事も読んでみたい」と
思わせることはできず、巡回率の上昇にはつながりません。

 

SEOテンプレートや集客ツールなどのセールスレターではよく

「どんなに良いものを作っても見られなければ意味がない」

と集客することの大切さを説いていますが、逆に

「どんなにたくさん集客をしてもそこに質の伴ったコンテンツが無ければ意味がない」

ということも言えるのです。

SEO対策にこそコピーライティングが必須

冒頭では「役に立つことが書いてそう」と興味・関心を引く。
中盤では「確かにその通りだ」と共感・信用させる。
全体を通して「役に立った」「有益な情報を手にした」と満足させる。

そして次のコンテンツを読む興味・関心を引く。

 

総じて言えば「読み続ける動機を与える」ということになるのですが
それは結局、人の心を動かすという「コピーライティング」の力が
必須になるということです。

 

少し前置きが長くなりましたが、私が言いたいのは要するにこういうことなのです。

 

SEO対策にこそコピーライティングが必須!

 

文章力、つまりコピーライティングこそが読み手の利便性の向上につながる手段なのです。

 

コンテンツ(記事)作りには、そのネタとなる「良質な情報」があることは大前提ですが

・良質な情報を材料にどう料理するか?

ということも考える必要があります。

 

仮に全く同じ内容のことを書くとしても
情報を出す順番によって訪問者の興味・関心を強く引き出すことが出来ますし
言葉の選び方一つでもユーザーに与える印象や満足度が違ったりしてくるからです。

 

反応が20%違うポスター広告の例

これはポスター広告の例ですが

①車を修理する方法
②車を直す方法

という二つの広告見出しでは ②車を直す方法 の方が
問い合わせが20%多かったという話があります。

 

しかもこれは「修理する」と「直す」という見出しの違いだけ
内容には差がなかったのです。

 

たったそれだけの違いにも関わらず
言葉の選び方一つで見た人に与える印象や反応がまるで違うのです。

 

アフィリエイトブログを運営していくと、時には
100個や200個と記事を積み上げていくことになります。

 

そしてその数百個の記事一つ一つが集客を担うのですから
それが積み重なった時の訪問者の反応率の違いというのは
大きな差となっていきます。

 

ひいてはそれがアクセス数、売上の大きな違いへとつながっていくのです。

ブログ記事一つ一つがコピーライティングの練習になる

どんなジャンルのブログを運営するにしても、おそらく本格的に記事を書いていくと
100個以上の記事を書いていくことになるでしょう。

 

そして書く記事の一つ一つが集客のための入り口になるわけです。

 

となると、早い段階である程度のコピーライティング力は身に付けておいたほうが良い、というのが私の考えです。

 

もちろん、初めからコピーライティングを生かした文章を書くことは出来ないでしょうが、
何も考えずにひたすら記事を書いていくのと一度コピーライティングを勉強してから
そのことを意識しながら文章を書くのでは上達にものすごい差が生まれていくと思います。

 

まとめ:小手先のSEO対策が不要な理由とコピーライティングが必須な理由について

SEO対策と言うと小手先の手法が思い浮かびますが、Googleの理念や検索技術に照らし合わせても
「ユーザーの利便性の向上」という王道の手法こそが唯一の正解であることが分かります。

 

そしてその「ユーザーの利便性の向上」を目指すためにすべきなのは

・良質な情報を仕入れること
・コピーライティングスキルの向上

 

になります。

 

良質な情報を仕入れることは時間と労力を割けば誰でも出来ますが
コピーライティングはひたすら「経験を積むこと」で磨き上げられていきます。

 

ブログの記事一つ一つをコピーライティング力を向上させるための練習として
意識して記事を書いていくと良いでしょう。

 

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。