ライティングクリエイターの菊地です。

 

私はかつて「やる気ゼロ公務員」だったのですが、今はどういうわけか独立・起業して経済的にも時間的にも割と自由に暮らすことが出来ています。

 

最初のきっかけはアフィリエイトというものだったのですが、基本的にやっていたのは「文章を書くこと」だけです。こういったブログを書くこともそのうちの一つというわけですね。

 

>>アフィリエイトって何?という人はこちら

 

さすがにやる気ゼロ公務員だっただけあって仕事が出来たわけではなく、夕方になると時計をチラチラ見て「早く仕事終わらないかな~」なんてことをずっと考えていました。

 

何か選択を迫られた時も

「別にどっちでも良くね?どうせ頑張っても給料増えるわけじゃないし」

という考えが私の基本スタンスでした。

 

やる気ゼロ公務員どころか「クズ公務員」というほうが正しいでしょうかw

 

そんな人間でも独立・起業出来てしまうのですから世の中分からないですね。

 

今回はそんなやる気ゼロ公務員だった私がブログを使ったアフィリエイトで独立・起業するまでの個人的な話をしようと思うのですが、これは決して現職公務員の人に対して独立・起業を推奨するものではありません。

 

私の話を聞いて「これなら自分でも独立できるかも!」と思って本気で独立・起業を目指すのは個人の自由ですけどね。

 

あとたまに「現職の公務員なんですけどアフィリエイトを副業でやってバレませんか?」みたいな相談も受けますが、そういったことにはお答えしていません。だから現職公務員でアフィリエイトをやりたい人は自己責任でお願いします。

 

「公務員だけどアフィリエイトを副業でやりたい」という人は結構いるようで、「公務員 アフィリエイト 副業」なんてキーワードで結構検索もされているんですよね。

 

もしかしたらこのページを見ているあなたもそんな風に「公務員だけどアフィリエイトを副業でやりたい」と考えて訪問したのかもしれません。

 

おそらくですが、公務員になるような人って独立や起業とは正反対にある「安定」を求めていると思うので「公務員もやりつつ副業でお小遣いも欲しい」という考えなんでしょうね。だからどうにかバレないようにアフィリエイトをやりたがっていて、こういう甘い汁だけ吸おうみたいな考えは「ザ・公務員」だな~という印象ですw

 

 

私がこういった相談に答えるとしても「むしろクビになったほうが必死になるから良いんじゃない?」という無責任な答えになりますので「公務員もやりつつ小金も稼ぎたい」という人には参考にならないでしょう。

 

一応言っておくと国家公務員、地方公務員共に法律で「職務専念の義務」が規定されており副業は禁止されています。まあそういう小手先の細かい話は今は置いておきましょう。

 

私が最も伝えたいのは「つぶしが利かない」と散々言われている公務員でも起業・独立が出来たという事実なんですよね。しかもただの公務員ではなく「やる気ゼロ公務員」ですからね。

 

もしあなたが現状の生活や収入に満足していなくて、漠然と「独立・起業したい」と考えているのならそのヒントになるのではないかと思います。

 

まあ個人的な込み入った話なので結構長くなっちゃいますが、気長にお付き合いくだされば幸いです。

 

そして、アフィリエイトというものについての話が多くなるので「アフィリエイトってなんだ?」という人は、先ほどもご案内した詳しく説明しているページをまずご覧いただければと思います。

 

>>アフィリエイトって何?という人はこちら

 

今明かされる、「やる気ゼロ公務員」vsブログ の長い戦い・・・!

なぜ公務員になった?やる気ゼロ公務員の誕生

なぜ私が公務員になったのかというと、単純な理由で「他になれるものがなかったから」なんです。

 

もしかしたら当時の自分がそう思い込んでいただけかもしれませんが、当時のことを振り返ってみても自分には何か資格があるわけでもないし、特別なスキルがあるわけでもないし、コミュニケーション力に長けていたわけでもありません。

 

さらに言うと私は元々理系の学部の大学に所属していて大学卒業後は大学院へと進学していたのですが、そこで少しトラブルがあって大学院を卒業することが出来なくなってしましました。

 

つまり学生の就職活動の最も大きな強みである「新卒」が使えない状態だったんです。

 

ただでさえ何のとりえもないのに、そこに加えて新卒のフレッシュな大学生と戦わなくちゃいけない。年齢も新卒の大学生より若干上です。もはや民間の就職活動におけるゴールが見えませんでした。

 

そこで候補に挙がったのが筆記試験で選抜される公務員です。

 

就職活動中の学生は「公務員試験は難しそうだから」という理由で避けがちですが、自分のどこが悪いのか基準が分からないまま落とされる民間企業と比べて公務員試験は「点数さえ取れば受かる」という実力主義の分かりやすさがあります。

 

だから「勉強さえすれば自分でも受かるだろう」という目算の元に公務員試験の勉強を始めて、結果として受かることが出来たんですね。こうして「やる気ゼロ公務員K」が誕生しました。

 

実力主義の筆記試験は勉強すれば受かるという反面、「やる気のない人間を見極められない」という弊害も持ち合わせていますね。公務員試験の面接なんて競争率2倍以下のザル面接がほとんどですから。

 

きっと今も新たな「やる気ゼロ公務員」を次々に生み出していることでしょうw

 

ただ実際のところ公務員になりたいような人間って

①他になれるものがなかったから仕方なく選んだ
②親に「公務員になれ」と言われた
③志望先の幹部職員や地元の議員にコネがあった
④「9時―5時の楽な仕事」「安定」だけを求めた

 

こういう消極的な理由で志望する人たちが多い印象です。救急隊員や自衛隊といった責任を伴う職種、栄養士や保育士といった資格ありきの専門職、官僚や外交官といった日本の中心でバリバリ働く職種もありますし、公務員全員がそうとは言いませんけどね。

 

いわゆる「市役所」の人はこういう人が多いと思います。だから私のように「独立・起業したい」って考えている人も中にはいるかもしれませんね。

アフィリエイトとの出会い

本当は私が公務員時代にどんな仕事をしていたのかという具体的な話もしたいところなんですが、公務員には守秘義務というものがあって

「職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。」

と定められているのでここに書くことは控えます。

 

まあ元々が「やる気ゼロ公務員」として就職しているので、どんな仕事であれ長続きするわけがないんですけどね。

 

何の生産性もない無駄な書類の作成をしなくちゃいけなかったり、
偉い人の機嫌を損ねないようにすることだけが目的の作業をしたり、
言っていることが意味不明なクレーマーの電話応対をしなくちゃいけなかったり、
いくら頑張っても収入が上がるわけでもなかったり、
真面目に仕事をやっていても心無い言葉を浴びせられる。

 

このあたりは民間企業で働いている人の苦悩とさほど変わらないと思います。やる気ゼロの私でさえさらにやる気を削がれるのですから、やる気のある人は本当に歯がゆく思っていたでしょうね。

 

さらに、毎朝乗る満員電車で行きたくもない職場に行かなくちゃならないのが本当に気が滅入りました。

 

とまあ、鬱屈とした日々を過ごしている中で、私が考えたのは

「独立・起業すればこんなめんどくさいことしなくて済むぞ!」

ということだったんですね。

 

普通は特別なスキルがあるとか、やってみたいことがあるとか、積極的な理由があってするのが独立や起業だと思いますが、単に今の仕事が嫌だから自由になるために独立・起業をしようと目論んだのです。ついでに「独立すれば今より収入増えるかも!」とも漠然と考えていました。

 

やる気ゼロ公務員の考えることだけあって実に浅はかですねw

 

でも普通に考えて公務員しかやったことがない、特別なスキルや才能があるわけでもない、ついでに言うならお金もなくて元手も用意できない自分が起業なんて出来るはずがないと思いました。

 

「やっぱり俺は一生公務員として過ごすしかないのかなあ・・・」

 

そんな風に諦めかけた時に出会ったのがアフィリエイトでした。

 

アフィリエイトについては上記の記事で詳しく説明していますが、簡単に言えば「ブログなどで商品を紹介することで紹介料をもらう」というビジネスモデルです。

 

言ってしまえばブログで文章を書くだけでお金儲けができるわけです。ここがライティングクリエイターとしてのルーツでもありますね。

 

何しろアフィリエイトは

・パソコン1つあれば誰でもすぐに始められる
・経費がほぼかからないので赤字にならない
・ブログを作れば24時間フル稼働でお金を生み出す自動販売機になる
・上手くいけば何百万、何千万と稼げる

という夢のようなビジネスだというのです。

 

アフィリエイトで成功している人たちのブログを見ると、彼らは旅行に行くときも自由気ままで、「飽きた時に帰ればいいから」という理由で旅行の帰りのチケットを買わないというのです。

 

また、アフィリエイトは完全実力主義なので経歴も全く関係なくフリーター、専業主婦、ホスト、キャバ嬢、東大出身者、引きこもりでもニートでもなんでもアリです。

 

パソコンさえあれば自宅ですぐに始められますからね。それこそ元公務員だった人がアフィリエイトで独立・起業したというケースも見ました。

 

アフィリエイトならば公務員をやりながらでも終わった後に作業時間を取って出来るかもしれない。しかも成功すれば今の収入の何倍ものお金を稼ぐことができる(公務員の副業は法律で禁止されています)。

 

客観的に見たらものすごく怪しい話に思えるかしれませんが、当時の自分には

これだ!!俺が自立する道はこれしかない!!!

と宝物を見つけたような気持ちが強かったんですね。

 

そのアフィリエイトにも色々な種類があるんですが、まず最初に私が始めたのが「トレンドアフィリエイト」というものでした。

 初心者でも簡単に稼げる?トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトはアフィリエイトの中でも比較的簡単な部類に入りますので「初心者でも誰でも簡単に稼げますよ!」という謳い文句で紹介されています。

 

トレンドアフィリエイトというのは、その日に起こった事件や芸能ニュースなど、とにかく「その時旬な話題」に沿った記事をブログに書き、ひたすらアクセスを集めまくるという手法です。

 

例えば、何か社会的に重大な事件が起こったらその事件の犯人の経歴や出身大学などを検索する人が増えますし、あるいは芸能人が無名な一般人と結婚したらその結婚相手の経歴などを検索する人がドーンと増えます。

 

こういった旬な話題を扱うと1日だけで1万アクセスとか普通に来ます。書く記事の内容も

 

「〇〇さんが結婚したそうですね!かねてから〇〇さんは結婚しないという風にネット上では言われていましたから、今回の電撃結婚のニュースでショックを受けた人も多いようです。さて、そんな〇〇さんの気になる結婚相手についてなのですが・・・」

 

こんな感じでそこまで難しい文章を書く必要がないんですね。そうして書いた記事に広告を貼り、訪問者がその広告をクリックすることでブログ運営者にお金が入ります。

 

 

なんで広告をクリックされるだけでお金もらえるの?

 

と思うかもしれませんね。この広告は「グーグルアドセンス」というGoogleの広告サービスを利用します。だからこの問いに対する答えは「Googleがそういうサービスを行っているから」というものになりますw

 

ここはあくまでも「やる気ゼロ公務員がブログで独立・起業する話」であって、グーグルアドセンスについて詳しく話していると脱線してしまいますので、とりあえずここでは

 

「へえ~そういうものがあるんだな~」

 

くらいに思ってくれればいいです。

実はYouTuberの収入もグーグルアドセンスのクリック報酬によるものです。

 

こちらは有名なYoutuber・ヒカキンさんの動画の冒頭です。本編が始まる前にmineoのCMが挿入されていますが、これがグーグルアドセンスの広告ですね。

 

トレンドアフィリエイトというのはこのYoutuberの手法とほぼ同じで、使っているのがブログかYouTubeかの違いだけです。

 

トレンドアフィリエイトで稼ぐのは非常に簡単です。私も始めて1ヶ月ほどで数万円という稼ぎが出せるようになりました。

 

しかし「簡単に稼げる」ことと「安定して稼ぎ続けられること」は全くの別問題です。

 

そのことに気づいていなかった私はトレンドアフィリエイトの泥沼にはまっていくことになります。。。。

トレンドアフィリエイトでの失敗①アカウント停止

さあこれからどんどんアクセスを稼いでいこう!という時に私のトレンドアフィリエイトは突如終焉を迎えます。

 

それは「グーグルアドセンスアカウントの停止」でした。

 

広告を貼るのにグーグルアドセンスというGoogleのサービスを使うということはお話しましたが、そのグーグルアドセンスのアカウントが突如停止されてしまったのです。

 

それまでに売り上げたお金もパアになりました。

 

グーグルアドセンスのアカウントが停止になる要件はいくつかあり、もしその要件に抵触している場合は事前に警告の通知を送付してくれるケースもありますが、事前通知なしでいきなり停止をすることも普通にあります。

 

確かその時は小島瑠璃子さんのプロフィールを紹介するみたいな記事を書いていて、おそらくその時に載せていた小島瑠璃子さんの水着画像がアダルトコンテンツに該当していたのがアカウント停止の理由でした。

 

人間というのは「あるのが当たり前になっているものがなくなる」というのが一番精神的なダメージが大きいですからね。これは相当ショックでしたよ。

トレンドアフィリエイトでの失敗②検索エンジンペナルティ

途中までトレンドアフィリエイトでうまくいった経験のある私にはどうしてもその方法で成功したいという執着がありました。

 

1日に1万円売り上げたこともあってその時の興奮が忘れられなかったんです・・・

 

この辺りは負けが込んだギャンブラーのような思考ですよねw

 

勝った時の興奮が忘れられず、負けが込んでも「次こそは勝てる!」と根拠のない自信で自らを奮い立たせる・・・

 

そこで、前回の失敗を生かして今度はアカウント停止にならないようにと対策をして再びトレンドアフィリエイトに挑戦します。

 

今度は1ヶ月10万円ほどの売り上げを達成しました。

 

しかしこれも再び終焉を迎えました。

 

それはGoogleによる検索順位低下のペナルティでした。検索順位が1位だった記事が50位とかになってしまったのです。

 

あなたが何か検索する時見るページってせいぜい1ページ目の上位5番目くらいまでですよね?ブログへのアクセスは検索順位が全てですから、これは相当な痛手でした。収入はほぼ0になりました。

 

「あなたのブログは内容がスカスカです」

なぜ検索エンジンペナルティを食らってしまったのかというと、「記事の内容が薄い」というのが原因だとGoogleから連絡をもらいました。

 

それもそのはずで、私が書く記事はひたすらアクセスを集めることを考えていて内容は二の次だったんです。

 

Googleの立場を考えても「内容がスカスカの記事が上位表示されていること」という状況は望ましくないわけです。

 

Googleの存在価値というのは「検索ワードに対する答えが充実しているものを上位表示」させることにあります。

 

例えば「犬 飼い方」というワードで検索しているのに「沖縄の名所10選」みたいな全然関係ない記事が表示されたらそんな検索エンジンは使いませんよね。

 

そんなわけで内容がスカスカな私のブログがペナルティを食らったのは当然のことでした。

 

トレンドアフィリエイトというのは「アクセスを集めること」に注力して内容は薄くなりがちで、常に私のように検索エンジンペナルティのリスクと隣り合わせにあると言えるでしょう。

 

私がこのブログの色んなところでトレンドアフィリエイトについてクソミソに言っているのは手法として危ういというのが一番ですが、この時のトラウマが忘れられないからという個人的な理由もありますw

 

ただこうして読んでいるあなたに

「トレンドアフィリエイトなんてやるなよ!絶対にやるなよ!」

と警告が出来るだけでもこの失敗には意味があることだと思っていますけどね。

「続けてればきっと良いことあるさ!」→「は?」

トレンドアフィリエイトを諦めた私が次にやったのが「成果報酬型のアフィリエイト」でした。

 

テーマを一つ決めて専門性を持たせたブログを作り、そのテーマに関連した商品を紹介し、その紹介報酬を得るというものです。そのテーマとして「腸内環境」を選びました。

 

「特化型ブログ」とか「物販アフィリエイト」なんて呼び方もしますが、別に呼び方はどうでも良いです。私は「王道のアフィリエイト」なんて呼んでますけどね。

 

この王道のアフィリエイトは、トレンドアフィリエイトと違って

「物を売らないと報酬を得られない」

というものです。だからどうすれば商品を買ってもらえるのか?ということを必死に考えるようになりました。二度も失敗しているので後には引けなくなっていたのもありますね。

 

ただ、「どうすれば商品を買ってもらえるのか?」というのはビジネスマンなら、ましてや個人事業主なら常日頃考えている当たり前のことですよね。

 

アフィリエイトは「人の商品をブログで紹介するだけ」と簡単なことのように紹介されることもありますが、れっきとしたビジネスなのです。

 

ここでようやく私はビジネスと本気で向き合うことに目覚め、ビジネスの基礎を身に付けることでようやくアフィリエイトで成功を収めたのです。

 

なぜ自分はアフィリエイトで成功することが出来たのか?と今振り返ってみると、ビジネスの基礎を身に付けたことに加えて

「ブログで稼ぐことはそこまで難しいことではない」

と思って続けることが出来たというのがあります。

 

トレンドアフィリエイトで1日数万円を稼いだ経験があって「アフィリエイトは続ければ絶対に成果が出るはず」と思ってやってこれたのです。そして実際に成果を出すまでに至りました。

 

基本的に私は飽きっぽい性格で、何かを長く続けられた試しがありません。それは仕事、趣味、人間関係、とすべてに当てはまります。

 

「続けていればきっと良いことあるさ!」なんて聞いても

「は?良いことって具体的に何?それが言える理由とその根拠は?」

って感じのひねくれ者でしたw

 

ただ、今なら心の底から「続けてればきっと良いことあるさ!」と言えます。

 

「PPAP」で一躍大ブレイクしたピコ太郎さんなんかは「続けてれば良いことある」の典型例ですよね。

 

プロデューサーの古坂大魔王さんは元々テクノ系の音楽が好きで、音楽で成功しようとあの「マネーの虎」に出演して出資を募った過去もあります。「好きだから」という理由で音楽を10年以上も続けてきたから芽が出たんですよね。

 

 

 

ただ古坂大魔王さんのように芸能界の成功は極端な例で、「お前は成功したから言えるんだろ!」と誰もが思うでしょう。それに10年も続けるのは普通の人ではなかなか難しいです。

 

ただ、芸能界に比べればブログで稼ぐこと、アフィリエイトで成功出来る可能性は非常に高いです。

 

決して「アフィリエイトは簡単だ!」と言っているわけではありませんが、芸能界で成功することや、ましてや普通の個人事業主として成功することと比べればずっとハードルが低いです。それは「やる気ゼロ公務員」から成功できた私が保証します。

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。