ライティングクリエイターの菊地です。

 

今回は、ブログ記事における文字数とSEO対策の関係についてお話していきます。

 

「ブログ記事は何文字以上書けばいいのか?」

 

こういった文字数の疑問を抱えている人は多いですよね。

 

そして、こういった人たちに対して

「最低でも2000文字以上書きましょう!」

「3000文字はあればコンテンツの充実度は十分です!」

 

と、まるで文字数の疑問を抱えている人たちの
「言って欲しい答え」を示すようにブログ記事の文字数を指定する人は多いです。

 

人間というのは常に明確な「ゴール」「基準」を求めて
それに自らの型をはめることで安心する生き物です(「進学」「就職」「結婚」など)。
だからこれはある意味仕方のないこととも思います。

 

ただ、私からすれば「文字数を気にすること」自体が不要というか、
思考の自由度を狭めてしまっているように思えます。

 

挙句の果てに「検索上位に入るために何文字書いたらいいか」などという
SEO対策の観点で文字数を気にしだしたら目も当てられません。

 

なぜ私はこんな風に「ブログ記事で文字数を気にすること」が不要と思っているのか?
その理由をお話していきたいと思います。

 

SEO対策において「文字数」は重要ではない

記事作成においては暗黙の了解で

「文字数が多いほど検索上位表示に有利」

という「長文SEO」の考え方が蔓延しています。

 

しかし、これについてGoogleのジョン・ミューラー氏は次のように語っています。

 

Googleには、例えば「100語以下じゃダメ、200から500語ならOK、500語以上で画像も多ければ最高」みたいな、そんなアルゴリズムはない。Googleはそのようには見ていないんだ。

Googleはページ全体を見て、それが本当に他より優れていてユーザの検索意図にかなったものかを評価している。そんなページでさえあれば、文章の長短、画像の量などは好きにしていい。

 

 

文字数が多いほどSEO対策に有利というのは完全に誤りと指摘しています。

 

これは「文字数を多くしても無駄」と言っているのではありません。

 

SEO対策を突き詰めるとGoogleの理念でもある「ユーザーの利便性の向上」に行きつくのですが、

「ユーザーの利便性を向上させようとすると情報量が豊富になって結果として文字数が増える」

ということに過ぎません。

 

情報量を豊富にするということは、私はこの言葉はあまり好きではありませんが
いわゆる「共起語」も増えていきます。

 

文字数が増えるというのは「結果」でしかないんですね。

 

結局、検索順位というのは相対評価でしかありません。

 

今上位表示されている記事よりも内容が充実したものを書けば
自ずと検索エンジンに評価されてその記事よりも上位表示にいく、という
分かりやすい弱肉強食の世界になっています。

 

内容を充実させようとするとそれに比例して情報量は多くなり、
結果として文字数は増えていく、というただそれだけのことなのです。

 

ただ文字数を増やしてコンテンツを水増ししたところで
何の意味もありません。

 

実際、文字数を増やすだけのSEO対策は効果が無いというのは
このブログの記事の実例として説明出来ます。

文字数を増やしてもSEO対策の効果が無い実例

「長文SEOは効果が無い」

というのは私自身も経験があって、例えば

「アフィリエイトとは怪しい詐欺なのか?仕組みを徹底解説!」

という記事があって、これは現在の文字数は9000文字くらいなのですが
かつてはこれよりずっと多い1万3千文字ほどの長文記事になっていました。

 

それには理由があって、以前は

 

「怪しい詐欺?稼げる?アフィリエイトとは何か仕組みを徹底解説!」

 

という記事タイトルにしていたのです。

 

記事タイトルの文字の順番に違いもありますが、一番の違いは
「稼げる」という関連ワードを入れているところです。

 

「アフィリエイト 怪しい」
「アフィリエイト 仕組み」
「アフィリエイト 詐欺」
「アフィリエイト 稼げる」

というキーワードでの集客を狙い、この記事一つで

「アフィリエイトが怪しくないこと」
「アフィリエイトの具体的な仕組み」
「アフィリエイトは詐欺ではないこと」
「アフィリエイトでどれくらい稼げるのか」

を説明しようとしていたんですね。

 

ただ、これらをよく考えてみると分かると思いますが
上3つの話は割と関連性があるものの

「アフィリエイトでどれくらい稼げるのか」

というのは話の方向性が少し異なりますよね。

 

話の方向性が異なるにもかかわらずそれらを無理やりつなげた、
不自然な形の記事になっていたのです。

 

結果として、それぞれの関連ワードに対する内容の充実度は不十分ながら
記事全体の文字数だけは無駄に多い記事が出来上がっていました。

 

検索順位も「アフィリエイト 怪しい」が最高で20位につけているだけで
そのほかのキーワードはほぼ圏外と、SEO対策として成功したとは到底言えませんでした。

 

 

 

そこで、「アフィリエイトで稼げるかどうか」の話は別の記事にして

「アフィリエイトの仕組み」
「アフィリエイトは詐欺でもなく怪しくないこと」

に内容を絞って話をするために今の記事タイトルにしたのです。

 

こうすることでアフィリエイトの仕組みなどを掘り下げて出来るようになったため、
記事全体の文字数は減ったものの検索順位は以前より上位に行きました。

 

まあこの話は「関連ワードをたくさん入れすぎると内容が分散してしまう」
という話でもあるのですが、とにかく文字数を増やして水増しすればSEO対策になるかというと違うんですね。

 

あくまでも関連ワードに沿って主題を明確に決め、一つの内容を徹底的に掘り下げて充実させることが
Googleの理念であるユーザーの利便性の向上をもたらし、究極のSEO対策となるのです。

 

この記事においても「文字数とSEO対策」という主題を明確にして
それを徹底的に掘り下げる形で書いています。

文字数を目標にすると「〇〇文字書いたから終わり」と妥協してしまう

2000文字書こうとか3000文字書こうという「文字数の指標」
を決めてしまうことの最大の弊害は

 

「〇〇文字書いたからもう終わりでいいや」

 

と、記事の内容を充実させることを諦める
「口実」「言い訳」を作ってしまうところにあります。

 

挙句の果てには

「まだ1000文字か・・・あと2000文字書かなきゃ」

などと余計なことを考えて、
全ての集中力を記事を書くことに対して割けなくなります。

 

これは私自身にも経験があることなのですが、
過去にトレンドアフィリエイトをやっていたりするとついてしまう
「思考の癖」のようなものです。

 

トレンドアフィリエイトという手法はかなり特殊で、
とにかく色んな関連ワードをタイトルに入れまくって検索に引っかかるようにし、
一つの記事を充実させるよりも質はそこそこにして記事数を量産したほうが
効率よくアクセスを集めて稼げるというものです。

 

そこで生まれたのが「1記事〇〇文字」という基準なんですね。

 

文字数の基準を決めることで「ここまで書いたら終わり!」と
次の記事に移行する目安にしたのです。

 

前述の通り、検索順位というのは相対評価に過ぎませんので
ライバルとなる記事の内容が充実しているのなら
それ以上に充実したものを書く必要があります。

 

かつてはトレンドアフィリエイトは「1記事1000文字で良い」とか言われていましたが、
今ではコンテンツの充実度が重視されるので
結局は2000文字書けとか3000文字書けとか指導しています。

 

トレンドアフィリエイトという手法の弊害はこういった
「文字数の呪い」を多くの人にかけていったことにもあるように思えます。

 

文字数よりも「どのライバル記事よりも充実したものを書く!」を目標にすべき

これは文字数に限った話ではありませんが

 

・一日作業〇〇時間すれば儲かる
・月〇万儲けるのにブログに必要な記事数〇〇
・〇カ月続ければアフィリエイトで儲かる

 

こういう「数字の指標」を求める心は「ここまでやればいいよ」と
誰かに決めてもらいたがっているということですよね。

 

これは、潜在的には

「手軽に儲かる方法」

を求めているのではないか、と私は考えています。

 

きっと、どこかで「簡単そうな方法」があると聞くと
そちらに浮気して結局のところ遠回りをしてしまうことになるので
やめた方が良いでしょう。

 

そもそも、
「文字数をコンテンツ作成における目標に設定すること」
が根本的に間違っていると言えます。

 

検索順位で1位を取りたいのなら、狙いたい検索ワードについて
どの記事よりも充実した内容のものを作るしかありません。

 

そして相対評価である以上「〇〇文字書けば良い」などという
「絶対的な基準」はなく相手によって変わります。

だからこそ

「どのライバル記事よりも充実したものを書く!」

「今自分が書けるベストな記事を書く!」

ということを目標にすべきだと思います。

 

結局はこういった泥臭い結論になってしまうのですが
ビジネスは常にライバルとの競争であり、
記事一つ一つの集客も例外ではないので仕方のないことです。

 

ただ、この精神を真の意味で腑に落とせばアクセスを勝ち取ることや
売上を上げていくことはたやすいと思います。

 

それに、「どのライバル記事よりも充実したものを書く!」を目標にしていると
夢中になって記事を書けるので自分自身も楽しめますし、時間が経つのも忘れて没頭します。

 

まあ、検索ワードによっては

・上位表示を取ってもそれほどアクセスが見込めない
・検索数のわりにライバルが強すぎる

そういう労力に見合ったリターンが得られないキーワードも確かにあるので

「どのキーワードのコンテンツを充実させることに注力すべきか」

という取捨選択、見極めは必要だとは思いますけどね。

文字数が多すぎると途中で離脱されるのでは?という懸念

これは私が色んなところで言っていることですが

「長いコピー(文章)ほどよく売れる」

というのはコピーライティングの鉄則です。

 

何か商品を購入することを検討している時に、
その善し悪しを判断するための情報はメリットデメリット含めて
多ければ多いほど良いのです。

 

人が迷うのは多すぎる「選択肢」を与えられた時であって、
情報は多いに越したことはありません。

 

特に、自身と密接に関係していることや興味のあることなら
どれだけ文字数が多くても全部読む、というのが読み手の心理です。

 

そして、読み手に対して

「読み進めれば自分にメリットのあることが書いてある(書いてありそう)!」

「早く続きを知りたい!」

 

そんな風に思わせることが出来るような文章を書くことも
文章の書き手としての使命と言えます。

 

これはコピーライティングに限った話ではなく
ブログの記事一つにも同じことが言えます。

 

仮に読み手が記事の途中で離脱しているとしても、
それは文字数が多いからではなく単純に面白くないからということに他なりません。

 

だから「文字数を増やすと途中で離脱されるのでは?」という懸念は不要です。

 

私が見た記事の中では

「人の集中力は最短で3分しか続かないから、3分で読み終えるコンテンツを作るために3000文字以下が良い」

などと書いていましたが、これは結局

「3000文字以上書かなくて良い言い訳」

を見つけてきたに過ぎませんね。

 

まとめ

ただ文字数を増やすだけの「長文SEO」が無効であることは
Googleのジョン・ミューラー氏が明言しており、当ブログの記事でも実証済みです。

究極のSEO対策は「ユーザーの利便性を向上させること」にあり、
まずは情報を豊富にさせることが先決で、
文字数の増加はその結果としてもたらされるものに過ぎません。

 

何よりも「〇〇文字書く」という文字数の目標を設定することは
記事内容を充実させるのを諦めるための「言い訳」「口実」になります。

 

結局のところ検索順位は相対評価でしか無いのですから
文字数を増やすことや「〇〇文字書くこと」ではなく

「どのライバル記事よりも充実したものを書く!」

という目標を掲げることが最も健全です。

 

また、読み手は自分に興味のあることなら
どれだけ文字数が多くても全部読むので
文字数を増やしすぎると途中で離脱されるのでは?という懸念は不要です。

 

これはコピーライティングの鉄則である

「長いコピー(文章)ほどよく売れる」

と通じるものがあります。

 

こんな風に、アフィリエイトについて「小手先ではなく本質の思考で考える」ためには、
手前味噌ですが私の無料メール講座「脊髄」を読んでいただくことがオススメです。

 

興味があるという方は是非登録をお願いします。

 

>>無料メール講座「脊髄」の登録はこちら

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。