ライティングクリエイターの菊地です。

 

今回はSEO対策として有名な「共起語」についてのお話です。

 

私は「本質的にはSEO対策は不要」というのを持論にしており
SEO対策そのものの必要性についてすでにお話しました。

>>小手先のSEO対策が不要と言える理由

 

基本的にはそちらをご覧いただければ良いと思いますが、
そのSEO対策について「共起語」という具体例を挙げることで

改めてSEO対策は不要であることを説明する

というのがこの記事の目的です。

 

特に今回お話する「共起語」というのは

不要なSEO対策の最たる存在

である、と私は感じております。

 

確かに「共起語が多いコンテンツ」というのは良いコンテンツですが
その良いコンテンツは「共起語を増やそう」という意識からくるものではありません。

 

こちらでは「共起語を増やそう」というSEO対策が
いかに無意味であるかということをお話していきたいと思います。

共起語とは

共起語というのは、あるキーワードを検索する時に

そのキーワードの周辺に出現する可能性が高い別のキーワード

のことです。

例えば「ダイエット」という単語なら

「脂肪」
「運動」
「食事」

こういう言葉が周辺に出現することが予想されますが、これらが「共起語」です。

 

共起語を検索エンジンの視点から見ると

「情報の網羅性や専門性を判断するための言葉」

ということになります。

 

Googleは「クローラー」というロボットが検索エンジン上を動き回って
情報を収集しています。

 

クローラーはあくまでもロボットでしかないので、
人間のように文章の深い意味を読み取っているわけではなく
個々のキーワードに対する専門性の判断は出来ません。

 

そこで
「キーワード周辺に適切に共起語が含まれていること」
により情報の網羅性、専門性を判断するのです。

 

よって、共起語が多いコンテンツを検索で上位表示させるということですね。

 

このように共起語の観点から見ると

・本題とは無関係なこと
・根拠に乏しい独りよがりな感想

こういったものをダラダラ書いて「文字数を水増しする」
というのはあまり意味がないというのが分かりますね。

共起語と関連語の違い

共起語と混同されがちなのが「関連語」です。

 

確かに共起語と関連語は似ていますし、中には
「共起語であり関連語でもある言葉」
もあります。

 

「ダイエット」で言うなら、Googleに「ダイエット」と検索した時に

 

「ダイエット 食事」
「ダイエット サプリ」
「ダイエット アプリ」

 

こんな風に関連語が出てくると思います。

この中で言うと「食事」という言葉は「ダイエット」に対する
共起語であり関連語でもありますね。

 

共起語は単に

そのキーワードの周辺に出現する可能性が高い別のキーワード」

であり、その言葉がよく検索されるかどうかは関係ありません。

 

もっと分かりやすく言えば

共起語・・・文中によく出てくる言葉
関連語・・・ユーザーが能動的に検索している言葉

というわけですね。

 

よって、共起語であり関連語でもある言葉もあれば
共起語ではあるが関連語ではない言葉というのもあるのです。

 

ただこの辺りは単なる言葉遊びの範疇なので
あまり気にしなくても良いと思います。

「共起語を増やすこと」を目的にするのは無意味

共起語が多い方が検索上位表示されるのなら共起語を増やそう

 

そう単純に考える人は多いでしょう。

 

ただ、ハッキリ言っておきますが
検索上位表示させるために共起語を多くしようとするのは無意味です。

 

もっと言うなら

「共起語を増やそう」と考えるのは無意味なのです。

 

なぜなら、共起語が豊富なコンテンツというのは
「共起語を増やそう」という意識からくるものではなく
「ユーザーの利便性を考えたコンテンツを作ろう」という意識からくるものだからです。

 

ユーザーの利便性を考えたコンテンツというのは

・ユーザーが知りたい情報が豊富に書いてあるコンテンツ
・ユーザーが求めていた以上の情報が書いてあるコンテンツ

のことです。

 

こういったコンテンツを作成しようとすると必然的に
文字数も増えていき、共起語も勝手に増えていきます。

 

例えば「水」を例に情報を豊富にした文章を書いてみるとしましょう。

 

 

水とは、酸素と水素の化合物で生命にとっては欠かせない物質です。
人間は体の半分以上が水で出来ており、
成人で体重の60~65%、子供で70%、新生児で75%ほどです。

生命における水の役割は

①酸素や栄養素を運ぶ
②発汗により体温を調節する
③体の老廃物を回収して排出する

といったものがあり、これらの役割を果たせるのは
水以外にありません。

そして人間は呼吸、体温調節、排泄などで絶えず水を排出しており
こまめに水を補給することが生きていく上で必須となります。

 

 

 

とまあこんな感じですね。

 

単純に

「水に関する情報を豊富にしよう」

という意識からこの文章を書いたわけですが、
それが自然と水の共起語も増やすことにつながっています。
決して「水の共起語を増やそう」とは考えていません。

 

だから「共起語を増やそう」と考えるのは無意味なのです。

 

そもそも、記事を書く時に
「このキーワードの共起語は・・・」
などといちいち考えていたら恐ろしく効率が悪いです。

 

そんなことを考えている暇があるなら
新しい知識を増やした方がよほど
自分の中に共起語のストックは増えていくし、
新たなコンテンツも作る指標にもなるでしょう。

共起語ツールのページですら「共起語を気にすることは無意味」と言っている事実

「共起語」で検索すると

「コンテンツサーチ」という共起語分析ツールのページ

が検索順位1位として表示されているのですが、その共起語ツールのページの冒頭に

本来は共起語などを気にせず、質の高いコンテンツを執筆すれば自ずと共起語がコンテンツ内に含有されます。

と書いてあります。

 

共起語のツールを開発しているページですらこう言っているのです。

「共起語を増やす」という考えがいかに無意味なものであるか

というのがよく分かるのではないでしょうか。

共起語を無暗に増やすとむしろ逆効果

ユーザーの利便性の向上を考えたコンテンツを作成していれば、自然と

「適度に共起語が入ったコンテンツ」

というのが出来上がるはずです。

 

変に「共起語ツール」なるものを使って共起語を調べて

「あの共起語も入れよう、この共起語も入れよう」

としているとどんどん内容がブレて
最終的に何が言いたいのかよく分からない記事が出来上がります。

 

それは「ユーザーの利便性」を考えたコンテンツとは言えませんし、
そもそもユーザーが何を求めているかを考えると
使うべき共起語というのは限られてくるはずですからね。

 

実際に「共起語SEO」なるSEO対策をしていたものの
逆に検索順位が下がってしまったなんて報告もあるようです。

 

検索エンジンがまだ今よりも技術が進歩していなかった時なら
単純に共起語を増やせば検索上位表示を取れたこともあったようですが
今ではそう簡単には行かなくなっています。

 

そもそもこの共起語による検索エンジンのコンテンツ評価という技術は

「検索キーワードをひたすらコンテンツ内に詰め込む」

というキーワードスパムの手法への対策として生まれました。

 

そして今度は、その共起語をひたすらコンテンツ内に詰め込む
共起語スパムに対策がされたというだけの話なのです。

 

詰まるところ、こういった小手先のSEO対策というのは

進歩し続ける検索技術とのいたちごっこ

であって、その時は通用する手法であったとしても
技術の進歩とともに使えなくなるものでしかありません。

 

そしてその検索技術の進歩を担うのはGoogleの天才集団であって
一個人が太刀打ちできるはずがありません。

 

結局は以前お話した「小手先のSEO対策は不要」の記事と
同じ結論になるんですけどね。

 

上記のページではさらに

「本質的なSEO対策のためにはコピーライティングが必要」

とも言っています。

検索上位表示されているライバルコンテンツの共起語チェックなら効果的

「共起語を増やそう」という考えはあまり意味がないことですが
狙いたいキーワードで上位表示されているライバルコンテンツの
共起語をチェックするという使い方ならある程度効果的だとは思います。

 

実際に検索で上位表示されているということは
ユーザーが反応しているということであり、どのようなコンテンツを
作成すべきかという指標の一つにはなるでしょう。

 

ただこれも別にあえて「共起語を調べる」という行動をするまでもなく
単純に上位表示されたコンテンツを何個か読み込んでいけば

「どのようなコンテンツを作成すべきか」

というのはなんとなく見えてくるはずですけどね。

 

「共起語を増やそう」なんて言っているのは
単に共起語ツールをアフィリエイトしたいだけの人だと思いますし。

 

結局のところ、共起語であろうとSEO対策は本質的に不要という結論は変わりません。

 

本質的なSEO対策というのはもっと大事なところにあります。

 

SEO対策を含めた「アフィリエイトの本質」は
私の無料メール講座「脊髄」でお話していますので
是非そちらもご覧いただければと思います。

 

>>アフィリエイトの本質を伝える無料メール講座「脊髄」の登録はこちら

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。