「ブログアフィリエイトを始めたいけどジャンルの選定方法が分からない!」

 

いざブログアフィリエイトを始めよう、と決めても初心者はどのジャンルを選定したらいいのかよくわからないですよね。

 

とりあえずブログを開設してからジャンルは後で決めればいいや~というわけにもいきません。例えばドメインを取得するにもブログのジャンルに合わせた名前を付けてユーザーに覚えやすくしたいというのがありますからね。

 

ブログアフィリエイトを始めたい初心者の人はやる気に満ち溢れていて「早くブログを開設したい!」と思うかもしれませんが焦ってはいけません。まずはどんなジャンルのブログでどんな商品を売るのか?という構想を練るところから始めなければなりません。

 

ブログアフィリエイトの成功の秘訣は「ゴールから逆算すること」です。あなたがブログアフィリエイトを運営するにあたっての「ゴール」はお金持ちになりたいとか自由に暮らしたいとか色々あるでしょうが「商品を売ること」が一つのゴールのはずです。

 

そのためには売る商品を決めて、どういうジャンルのブログを運営するのかを決めなければ話になりません。というわけでここからはブログアフィリエイトの始め方・ジャンル選定編ということで

 

・どんなジャンルなら稼げるのか?
・どんなジャンルなら続けやすいのか?
・どんなジャンルなら初心者におすすめか?

 

ということをお話ししていきましょう。

 

ちなみにトレンドアフィリエイトとかYouTubeアフィリエイトとかメルマガアフィリエイトとか、もっと大枠での「アフィリエイトのおすすめのジャンルは?」という話が知りたい方はアフィリエイトの種類ごとの特徴をまとめた話をしていますのでそちらをご覧ください。その中で「なぜブログアフィリエイトが初心者におすすめなのか?」という話もしています。

 

こちらではブログアフィリエイトをすると決めた後での「ジャンル選定」の話ですね。では始めて行きましょう。

 

初心者がブログアフィリエイトを始めるのにおすすめなジャンルとは?

ブログアフィリエイトにおいてはジャンル選定が最も重要です。

 

 

ブログアフィリエイトで稼げるかどうかは「どんな商品をアフィリエイトするかによる」ともお話しましたが、ジャンル選定はそっくりそのまま「どんな商品をアフィリエイトするか?」というブログの骨組みの部分に関わってきます。

 

じゃあ稼げる商品があるジャンルにすればいい・・・ってことになるんですがそう単純な話でもありません。

 

私はブログアフィリエイトのジャンル選定の際に重視すべきことは

  1. 好きなジャンルや興味のあるジャンル
  2. アフィリエイト出来る案件が複数あるジャンル
  3. 長期間にわたって安定して稼げるジャンル

の3つだと思います。それぞれ詳しくお話していきましょう。

1.好きなジャンルや興味のあるジャンル

まず大前提として挙げたいのは、自分な好きなジャンルや興味のあるジャンルであることです。ブログアフィリエイトで稼ぐために必要なことは色々ありますが、一番大事なのは「とにかく続けること」です。

 

今日食べたランチの画像をあげるだけとか、会社の同僚の悪口をこっそり書いて発散するとか、そんな程度のブログでも続けてさえいればそれなりにアクセスが来ますし、そこにアドセンスを張っておくだけでもそれなりに稼げます。

 

ただ、ブログアフィリエイトで効率的に稼ぐには「好きなジャンルであること」と「稼げる分野であること」は折り合いをつける必要があります。それについてはまた後ほどお話します。

 

好きなジャンルはコンテンツの質を上げやすい

好きなジャンル、興味のあるジャンルなら良質なコンテンツを作ろうとするモチベーションにつながります。

 

まあブログアフィリエイトというのは「一般人よりも少し詳しい」レベルの知識でも十分なのですが「そのジャンルにおけるプロフェッショナルを目指す!」くらいの気持ちでやるとより成果が出やすいし稼げます。

 

私は腸内環境のブログを運営していますが、なるべく良質な知識をインプットしたいと思って一般書籍だけでなく学術論文なんかも参考にして書いています。好きなジャンルや興味のあるジャンルならそれだけ知識の吸収に貪欲になれるんですね。

 

また、プロフェッショナルとしてのプライドがあれば検索で上位表示されている同ジャンルのブログを見て「このブログよりもっと詳しく分かりやすいコンテンツを作ってやる!」という気持ちが湧いてきます。

 

例えば腸内の善玉菌が生み出す物質に「短鎖脂肪酸」というものがあるのですが、私はこの短鎖脂肪酸について「wikipediaよりも詳しく分かりやすく書いてやる!」という気持ちで書いたら1万文字を超えていたということがありました。

 

たまに「検索で上位表示させるためには文字数を〇〇文字以上書いた方が良い」という話をしている人がいますが、これはブログアフィリエイトの本質から外れたお門違いな話です。

 

文字数云々ではなく、ユーザーのことを考えると「より詳しい情報を伝えたい」という気持ちでコンテンツを作成するので自然に文字数が長くなるというだけのことなのです。

 

こんな風に熱意を持っコンテンツを作成するためには「好きなジャンル・興味のあるジャンルであること」が必須なのです。

 

それ以外には「仕事を辞める」などして自分を追い込むくらいしかありません。それもコンテンツの質を上げざるを得なくなるとは思いますが、なかなか成果が上がらない日々に焦ると精神衛生的に良くありません。

 

やはり、「好きなジャンル・興味のあるジャンルのブログを始める」というのが仕事をしながらでも続けられる無理のない範囲だと思います。

 

また、好きなジャンルや興味のあるジャンルなら自身の体験や他のサイトには無いような独自の見解を交えたオリジナルコンテンツを作りやすくなります。

 

他のブログにない情報を持っているオリジナルコンテンツというのはGoogleの大好物です。Googleはブログやサイトの多様性を重視していて同じようなブログばかり並ぶのを良しとしていないからです。

 

好きなジャンルであればそういった独自のコンテンツを作りやすくなり、検索でも上位表示しやすくなるという好循環を生み出してくれます。

 

2.アフィリエイトできる案件が複数あるジャンル

ブログアフィリエイトをするならアフィリエイトできるASP案件が複数あるジャンルの方が良いです。

 

それは

  1. 紹介できる案件が無ければ大きく稼げない
  2. 案件選びに失敗のカバーをできる
  3. 収益を伸ばしやすい
  4. リスク分散になる

という理由があるからです。それぞれ具体的に説明していきますね。

①紹介できる案件のあるジャンルでなければ大きく稼げない

当たり前の話ですがブログアフィリエイトのジャンル選定をするにあたって「紹介できる案件があるジャンル」というのが大前提にあります。

 

まあどんなジャンルのブログを運営するにしても、とりあえずアクセスさえ集めればグーグルアドセンスの広告を張ってある程度稼ぐことは出来るでしょう。

 

しかしグーグルアドセンスは

①クリック誘導が出来ない(成約率を上げられない)
②クリック単価が数十円(商品単価が安い)
③収益がアクセス数のみに依存する

という問題があり、ブログにおける収益の公式である

収益 = 成約率 × 商品単価 × アクセス数

で見ても大きくは稼げないというのが問題です。しかも物をするスキルが身につかないから先が無いしアカウント停止や検索エンジンペナルティのリスクもある(詳細はアフィリエイトの種類の話を参考)。

 

まあどのジャンルのブログでもグーグルアドセンスは貼りますが、やはり「商品の紹介による成果報酬」がブログアフィリエイトで大きく稼ぐための肝になるわけで「紹介できる案件がある」ジャンルを選定しなければなりません。

 

ある程度稼いでからの趣味ブログとして運営するとか、自分が立てた仮説を検証するための実験的なブログを作るなどの目的があるのなら別にどんなジャンルのブログでも良いですが、とりあえず早く稼げるようになりたいというブログアフィリエイト初心者の方はまず案件を紹介できるジャンルを選びましょう。

 

これは「ゴールを決めてそこから逆算する」というどんな物事を進める時でも基本となる思考に基づいたものです。だから売る案件をまず決めて、そこからどんなブログを運営してアフィリエイトするかという思考でジャンル選定をしていきます。

 

ASP大手のA8.netに登録すればどんな商品を売ることが出来るのか?というのが見えてくるのでどのジャンルのブログをやるかという戦略も立てやすいでしょう。例えブログを持っていなくても無料で登録できます。

 

>>ASP最大手A8.netの無料登録はこちら

「紹介できる案件があるジャンルであること」というのは「好きなジャンルであること」と相反するかもしれませんね。

 

しかし「好きなジャンルだから」という理由ではブログアフィリエイトは稼げないという現実と向き合わなければいけません。

 

仮にあなたが糸くずのことを愛してやまないからと言って「糸くず.com」というサイトを作ったところで紹介できる商品はありません。

 

人によってはブログアフィリエイトについて「ブログで好きなことを書いて生きていく」とか「趣味の延長で収益が得られて最高」だとか聞こえのいい言葉を言いますが、ブログアフィリエイトだって立派なビジネスですのでそこはシビアに考える必要があります。

 

ただし一番大事なのは好きなジャンルであることなので、紹介できる案件があるジャンルの中から好きなジャンルのものを選ぶという風にしていきましょう。

②案件選びの失敗をカバーすることが出来る

「この商品を専門で売るブログを作る!」と商品を一つ決めてしまった「商品特化ブログ」を作るという手法もあります。

 

例えばベルタ葉酸サプリのみをアフィリエイトするという風に決めて「ベルタ葉酸サプリ.com」みたいに完全に1商品のみに特化してしまうということです。

 

しかしブログアフィリエイト初心者の場合だと、そもそもこの「案件の選定」がうまくいかない可能性があります。

 

・ライバルが多すぎてなかなかアクセスが集まらない
・ニーズのない商品を選んでしまった
・報酬単価が低い商品を選んでしまった
・そもそも商品自体に魅力がない

など案件選定における失敗は色々考えられますね。

 

小さい規模の商品特化ブログをいくつも作って「数打ちゃ当たる」戦法を取ってもいいのですが、これがブログ作成初心者だと1個うまくいかなかっただけでも「アフィリエイトで稼げるなんて嘘じゃないか!」とブログアフィリエイト自体をやめてしまう事態も考えられます。

 

しかし紹介できる案件がいくつかあれば、例え最初の案件選びに失敗してしまったとしてもジャンル選定さえ間違えなければそれほど痛くありません。

 

むしろその最初に選んだ案件を引き合いにして「Aの商品はここがイマイチでしたがBの商品なら問題ありません」みたいに別の案件を紹介する道筋も見えてきます。

 

まあ商品特化ブログとして始めてから徐々にジャンルを広げていくという方法でも良いのですけどね。1つの商品に特化したブログを作って成功したので、より広いジャンルに広めて報酬を増やすというやり方です。

 

先ほどのベルタ葉酸サプリなら他の葉酸サプリの案件にも広げ、さらには「妊活サプリ」「妊活」という風にジャンルをどんどん広げていくというイメージですね。

 

ただただその場合もやはりアフィリエイトできる案件が複数あるジャンルでないといけないというのは共通しています。

③収益を伸ばしやすい

紹介できる商品の種類が多ければ、その分売るチャンスも増えて収益を伸ばしやすいということになりますね。

 

まあ単に同じような商品がいくつもある場合だと紹介する側としても差別化が難しいですけどね。

 

例えば「便秘」をテーマにするとして

「妊婦の便秘にはAの商品!赤ちゃんの便秘にはBの商品!」

みたいな感じで訴求するターゲット層を変える差別化が出来たりしますし

 

「便秘による不妊症を改善したいならCの商品!便秘による乾燥肌を改善したいならDの商品!」

といった具合に悩みで差別化したり、といったことが出来るジャンルだと楽ですね。

 

結局は市場の規模が大きいジャンルであるほど参入する企業も多く、商品を売るために企業努力として差別化を強いられるというのがあるのでしょうが。

 

そうなると「市場規模が大きいジャンル」を選ぶのが正解、ということになりますけどね。市場規模は先ほどのGoogleキーワードプランナーで検索数を見ることで調査が出来ます。

 

ここまでは単純な足し算の話ですが、案件が複数あるジャンルというのはそれ以上の相乗効果が見込めます。

リサーチの労力が少なくて済む

同ジャンルの商品が複数あるなら、リサーチの労力が少なくて済みます。

 

例えば1つの商品を紹介するために「10の知識」が必要だとしましょう。その商品の紹介ページを作るためには「商品そのもの」や「商品の周辺ジャンル」について勉強しなければいけませんからね。

 

全く異なるジャンルの商品を3つ紹介するためには単純に足し算で「30の知識」が必要となるでしょう。その分リサーチしないといけないことが増えて手間がかかりますね。

 

しかし同じジャンルの商品を複数紹介するならリサーチにかかる労力はもっと少ないはずですね。

 

便秘薬A,便秘薬B、便秘薬Cの3つを調べるとしても「便秘薬の基礎知識」は共通して使うことが出来るリソースです。1度だけではなく、2度3度美味しいので「シナジーがある」なんて言い方も出来ますね。

 

3つの商品を紹介するために必要な知識が15とか、4つで20とか手間をどんどん省くことが出来ますし、それを元にしてランキング形式で商品を紹介するコンテンツを作ったりすることが出来るようになります。

 

④リスク分散になる

紹介できる商品が複数あればその分リスクの分散にもなります。

 

逆に言うと一つの案件に依存してしまえば、その案件が販売中止になったりした際に一気に収入源がなくなってしまうことになります。

 

販売中止とまではいかなくとも、ASPとの提携をやめるというケースもありますしね。だから収入源を一つの商品に依存するリスクを分散させるために紹介できるアフィリエイト案件が複数あるジャンルの方が良いのです。

 

例えば私は腸内環境のブログでカイテキオリゴという商品を紹介していますが、仮にカイテキオリゴが販売中止になってアフィリエイト出来なくなったとしてもはぐくみオリゴという別の商品を紹介すれば良いだけですし、他にも「おとなのオリゴ」とか「はぐくみオリゴ」といった商品を紹介出来ます。

 

まあこのリスク分散というのは常に持ちたい考え方ですね。

 

グーグルアドセンス、A8net、アフィリエイトB、アクセストレードといった複数のASPからの収入をいくつも確保して分散させるとか、ブログを何個も作って収益を分散させる、あるいはサイトだけでなくメルマガなどから収益を確保して分散させるとか。

 

「これ1個がダメになってもまだ他があるから大丈夫」という収入源をいくつも作りたいですね。

 

以上のように、案件が複数あるジャンルを選定することは

・収益を伸ばしやすい
・リスクを軽減できる

という攻めと守りの両方に通じる考え方なので是非参考にしてほしいですね。

3.長期間にわたって安定して稼げるジャンル

ブログの最大の利点は「一度作れば継続的にアクセスが来る」というものなのですから、どうせブログアフィリエイトをやるなら長期間にわたって稼ぐことが出来るジャンルを選びたいですよね。

 

どうやって長期的に稼げる分野を調べれば良いのかというとGoogleトレンドを使って検索すれば分かります。Googleトレンドは打ち込んだキーワードに対して2004年からの検索数の推移を調べることが出来るツールです。

 

Googleトレンドで検索してみてここ10年の傾向を見て長きにわたって検索需要が見込めそうなジャンルを探すと良いでしょう。

 

例えば「オリゴ糖」と「腸内環境」で検索してみると

 

共に2004年から安定したアクセスがあり最近になっても検索数は衰えず、むしろ増えていることが分かります。こういった健康分野のジャンルは安定した検索需要があるので強いです。私が腸内環境のジャンルを選んだ理由の一つはこれです。ついでに言うと腸内環境の分野は100年以上前から研究されているんで(ビフィズス菌が発見されたのが1899年)、今後も十数年にわたって需要が見込めるでしょう。

 

もう一つの例として「携帯電話」と「スマートフォン」で検索してみると

「携帯電話」というキーワードは年々減少を続け、スマートフォンは2011年7月ごろに検索のピークを迎えてから下降し現在は低空飛行をしているものの安定しています。

 

しかしスマートフォンに代わる新たな通信機器が登場すればその検索需要はさらに落ち込むでしょう。こういった電子機器は最新のものを求められるので流行り廃りの入れ替わりが激しいです。こういう分野を選んでしまうとせっかくブログを作っても安定収益とは程遠く、常に最新の情報を取り入れることに追われてライバルとの競争も激化するでしょう。

長期的に稼げるジャンルの指標に:人間の根源的欲求・LF8

ブログアフィリエイトで先細りのしないジャンルを選定するために参考にして欲しい考え方にLife-Force 8(LF8)というものがあります。日本語で言うと「生命の8つの躍動」と言って、11歳から広告に携わっている広告のプロであるドルー・エリック・ホイットマンによって提唱されました。

 

LF8は人間の本能的な欲求を8つに分類したものでコピーライティングの世界では有名な考え方です。コピーライティングのバイブルとしてオススメしている現代広告の心理技術101の中でも最初の方で出てきますね。

 

人間の本能的な欲求と言うと

①三大欲求
・食欲
・性欲
・睡眠欲

②マズローの五段階欲求

・生理的欲求
・安全欲求
・社会的欲求
・尊厳欲求
・自己実現欲求

 

などがありますが、LF8はさらに詳しく人間の根源的欲求を8つに分類したものです。それぞれ見ていくと世の中にどんな需要や産業があるかというのが見えてきます。その8つというのは

 

 

1.生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい

生物である限り生きたいという本能を持っています。

 

2.食べ物、飲み物を味わいたい

食べ物や飲み物も生きていくには欠かせません。

 

3.恐怖、痛み、危険を免れたい

危険を察知して回避するのも生物としての本能です。

 

4.性的に交わりたい

全ての生命の根源であり、キャバクラ・風俗・AVなどの産業は絶対になくなりません。

 

5.快適に暮らしたい

4畳半の風呂無しアパートより空調の利いた広い部屋でくつろぎながらコーヒーでも飲みたいですよね。

 

6.他人に勝り、世の中に後れを取りたくない

学歴、生活レベル、職業、年収など他人をマウンティングするポイントはあらゆるところにあります。

 

7.愛する人を気遣い、守りたい

親を思う気持ちや子を思う気持ちですね。

 

8.社会的に認められたい

他人からの称賛というのは無条件に嬉しいものですよね。

 

というものです。二つ以上の欲求がバッティングした時には上のものが優先されます。家が火事になっても「今すっぴんだから無理!」と外出を拒む人はいないでしょう。

 

「時代は変わっても消費者心理は変わらない」

 

このことを強く意識するとLF-8が自ずと見えてきます。

 

LF-8は主に個々の商品を売る際に「消費者の欲求をどう揺さぶるか?」ということを考える時に使うコピーライティングの基礎とも言えるものですが、ブログのジャンル選定においても参考になるでしょう。これらは人間の根源的な欲求ですので、非常に強く訴求することが出来ます。

 

案件から逆算して選定したジャンルをこのLF8と照らし合わせてどう訴求できるか?というのを考えてみると良いです。

 

稼げるジャンルはLF8に基づいている

ブログアフィリエイトにおいて稼げるジャンルというのはことごとくこのLF8に基づいています。

 

どれか一つだけという場合もありますが場合によっては複数の欲求に訴求できます。

 

例えば「お金稼ぎ」なら1~8の全ての欲求に関わってきますね。お金を稼いで食を確保することは生きることそのものですし、なるべく経済的に余裕を持って美味しいものを食べたい。健康や安全を確保できるならお金は惜しまないという人もいるし、お金を稼いでモテたいというのもあるでしょう。お金を稼いで広い家に住みたいし、年収で他人をマウンティングしたいし、子供の将来を考えて私立の小学校に入学させたい。

 

あらゆる欲求に訴求できるからこそ「お金稼ぎ」の分野は強いのです。

 

キャッシング、クレジットカード、転職、債務整理、株、FXあたりのジャンルでしょうか。このブログのような「アフィリエイト」のジャンルもこれに入ります。もちろん競合も多くなりますので難易度は高いでしょう。

 

試しにいくつかジャンルをこのLF-8に照らし合わせてみると

 

  • 「妊活」をテーマにしたなら?

1、6、8あたりの欲求に訴求できそうですね。

 

  • 「便秘」をテーマにしたなら?

1、3、5あたりの欲求と関係ありそうですね。

 

  • 「ダイエット」をテーマにしたなら?

1、2、4あたりの欲求に訴求できそうですね。

 

  • 「幼児教育」をテーマにしたなら?

7.あたりですね。人によっては6.の人もいるかもしれません。

 

 

具体的にどんな悩みを持っている人がいるのかはリサーチしないと分からないところもありますが、是非LF-8を参考にしてジャンル選定をしてみてください。

 

数字が若いほど強く訴求できるので、出来れば上位のものがあるジャンルが良いですね。

 

まとめ:特化ブログにおけるおすすめのジャンル選定の方法とは?

特化ブログにおけるおすすめのジャンル選定の方法のお話でした。

 

まず大前提として「モチベーションの維持がしやすい」という理由で「好きなジャンル・興味のあるジャンル」を選ぶことをおすすめします。特化ブログの構築という地道な作業を長期間続けるために、良質なコンテンツを作るモチベーションのために必要なことだからです。

 

そして次に

・収益を伸ばしやすい
・リスクを減らせる

という理由で「紹介できる案件が複数あるジャンル」が望ましいですね。

 

さらに言うと人間の八大欲求Life-Force 8(LF8)に訴求できるような、本能に訴えることが出来るようなジャンルだといつの時代でも需要があるので長く稼ぐことが出来るでしょう。

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。