「アフィリエイトって稼げるって聞くけど何か怪しいし詐欺っぽい・・・」

 

おそらく世間一般の人のアフィリエイトに対するイメージはこんな感じでしょう。

 

私自身も初めて人に会った時に
アフィリエイトで稼いでいるという風に自己紹介する時に

「アフィリエイトとか怪しいですよね?」

って聞くとほぼ必ず「はい」と答えられます。

 

そもそもアフィリエイトに限らず
「インターネットを使ったビジネス全体」
が怪しいとか詐欺のように思われていますよね。

 

とにかくそれほど世間の人のアフィリエイトに対する風当たりは強いです。

「アフィリエイトで月100万を自動で稼げる!」

なんて甘い言葉がネット上に溢れていますので、
それもアフィリエイトの怪しさのイメージを助長しているのでしょう。

 

まあ、月100万円稼げると言われたところで

「自動で月100万円儲かるとかそんな怪しい話信じられない!」

と思うのが普通の人間であり、それが良識ある大人の反応というものです。

 

だって、月100万円なんて普通に考えたら会社に入って
何十年経った重役クラスになってようやく手にすることが出来る金額ですよね。

私自身も初めにアフィリエイトの存在を知った時には怪しくて仕方ありませんでした。

 

しかし、アフィリエイトの仕組みを詳しく知れば知るほど

「確かにアフィリエイトがこういう仕組みなら月100万円稼げても不思議ではないな」

と深く納得していったのです。

 

それに、アフィリエイトは別に怪しいものでも詐欺でもなく
「悩んでいる人に解決手段を提案する」という真っ当なビジネス形態の一つなのです。

 

そして、私は

「アフィリエイトは怪しい!どうせ詐欺なんだろ?」

とあなたが思っているのは逆にチャンスではないかとすら思います。

 

なぜなら、あなたがそう感じているということは
あなた以外の多くの人もそう感じているということです。

 

アフィリエイトの存在を知りつつも「怪しいから」と考えてやろうともしない、
ハナからライバルにもならないような人がたくさんいるのです。

 

あなたが今ここでアフィリエイトの仕組みを詳しく知る機会が訪れたことは
非常にラッキーだったのではないでしょうか。

 

どうか「会社に入って何十年経って定年退職して・・」という日本人の「常識」を捨て去り、
素直な気持ちで私の話を聞いてもらえればと思います。

 

もしかしたらこの話があなたの人生を大きく変えるきっかけになるかもしれませんので。

 

とはいえ、まずこのページをご覧いただいているということは
アフィリエイトに対する怪しさが一番にあると思いますので、

「アフィリエイトはいくら稼げるか」

みたいなキナ臭い話はひとまず置き、
アフィリエイトがどんな仕組みになっているのか
ということをお話していきましょう。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは英語で書くと「affiliate」で、
直訳すれば「提携する」とか「加盟する」という意味になります。

 

物凄く簡単に言うと

商品を自分のブログなどで紹介することで紹介料をもらうビジネス

というのがアフィリエイトです。

 

例えば4000円のサプリをブログで紹介して誰かに買ってもらえれば
購入金額の半額の2000円が紹介料としてもらえる、という感じですね。
(紹介料の金額は上下しますが参考例)

 

平たく言えばネット上の営業マンというわけで、分かりやすく言うと

「スクールのお友達紹介制度」

はアフィリエイトとかなり似ています。

 

料理教室やスポーツクラブなど、すでに入会している人が
友達や家族を誘って体験レッスンを受けさせることで
グッズやポイントなど何らかの特典を貰う、というのは
良くありますよね。

 

アフィリエイトはこの「お友達紹介制度」を
ブログやメルマガなどのインターネット上のメディアを使って
不特定多数の人に行うことで、その対価として利益を得るものです。

 

「インターネット上の買い物は商品の実物が見れないから
何が届くか分からなくて怪しい!」

 

という人も中にはいますが、そうするとAmazonや楽天などの
ショッピングサイトも怪しいという話になってしまいます。

 

それに、アフィリエイトというのはテレビCMを流しているような
名だたる大企業も参戦しております。

 

私が知っているもので言うと

「家庭教師のトライ」「小林製薬」「ハウス食品」「Z会」「フレッツ光」

などの企業・商品はアフィリエイトに参戦していますね。

 

もちろん有名企業のアフィリエイト提携はこれだけではありませんので、
この話だけでもアフィリエイトの「怪しさ」は薄れるのではないでしょうか。

 

そして、名だたる大企業がアフィリエイトに参戦しているということは、
アフィリエイトで紹介できる商品は多岐にわたるということでもあります。

アフィリエイトは何でも紹介できる

アフィリエイトは「紹介するだけ」というものなので
アフィリエイト出来る商品というのは色々なものがあります。

 

美容液、サプリメント、クレジットカード、英会話教材、家庭教師、銀行口座開設、太陽光発電・・・etc。

 

アフィリエイトは本当に何でもアリで、例えばしつけ鬼サービス「ばけおに」という
なまはげが家に出張訪問して小さな子供をしつけるサービス
というものもアフィリエイトできます。

 

 

ただし「ばけおに」は別に怪しいサービスというわけではなく、
何でも紹介できるアフィリエイトの一例というだけです。

 

※追記 現在は「ばけおに」のアフィリエイト提携は終了しています

 

そして「紹介」というのは必ずしも商品を買ってもらう必要はなくて

・資料請求してもらうだけ
・電話で問い合わせをしてもらうだけ
・無料会員登録してもらうだけ

で報酬を得られるものもあります。

 

具体的に言うとクレジットカード申し込み、個別指導塾の見学・資料請求、転職サイトへの登録など
を「成約」とするアフィリエイトが挙げられますね。

 

物を売ることに罪悪感を覚えるという人も少なからずいるので、
こういった「物を売らなくても済む」というアフィリエイトも
一つの選択肢として有りだと思います。

 

もちろんこれは紹介される企業側にもメリットがあることなので、
「タダなのにお金を貰って申し訳ない」などと思う必要は全くありません。

では次に、アフィリエイトが企業に対してもたらすメリットの話をしていきましょう。

アフィリエイトは企業にも大きなメリットがある!

アフィリエイトは商品を購入してもらわなくてもお金をもらえるビジネスですが、
普通に考えると不思議な話ですよね。

 

もっとかみ砕いて言えば

「自分たちだけお金もらっちゃって会社の方は大丈夫なの?」

と思いませんでしたか?

 

しかしこの心配は無用で、アフィリエイトで商品を紹介することは

新規顧客開拓

という非常に大きなメリットを企業にもたらすことが出来るのです。

企業の安定収益のカギは継続購入

どんなジャンルのビジネスにおいても、安定した収益を確保するためには
「継続購入してもらうこと」が肝になります。

 

分かりやすく言えば「ファン」になってもらって固定客を確保するということです。
逆に言うと「一見さんのみ」ではいつか顧客が尽きてビジネスが成り立たなくなります。

 

サプリメントや美容液は分かりやすいですが、芸能人なんかもそうですね。
テレビにあまり出ていなくても固定ファンさえいれば
ライブやディナーショーなどで稼ぐことが出来ます。

 

それだけ固定ファンを作ることは安定した収益のためにものすごく大事なのです。

 

そして、矛盾するようですが固定ファンを作るためには新規顧客も
常に流入しなければならないわけですが、困ったことに
新規顧客の開拓はものすごくコストがかかるのです。

この新規顧客開拓にかかるコストはリピート客維持のコストの5倍以上と言われています。

 

・テレビや雑誌などで広告を出す
・赤字覚悟の無料品サンプルを配る
・全額返金保証制度を設ける
・初回のみ半額で購入できるようにする

 

・・・等々、とにかく自社製品を「知ってもらうこと」により
新規顧客開拓をもくろみます。

 

その新規顧客開拓を驚くほど効率的にしてもらえるのがアフィリエイトなのです。

 

アフィリエイトというのは悩みを抱えている人に対して

「この商品があなたの悩みを解決してくれるかもしれませんよ!」

と教えてあげることですからね。
それは見方を変えれば新規顧客開拓です。

 

アフィリエイトでお金をもらう側にとっては
「商品を紹介するだけで儲かる」のですが、
その商品を紹介してもらうことが企業にとって物凄くありがたいんですね。

 

新規顧客開拓の手段としてテレビCMや新聞広告などは「王道」とされていますが
こういったマス広告は、投じた費用に応じてどれだけ効果があったのかを
測る術がありません。

 

極端に言えば、数十億円を投じてCMをバンバン流しまくっても
全く商品が売れないという事態も有り得るのです。

 

これに対してアフィリエイトの「広告費」というのは
商品の購入、資料請求、問い合わせ、説明会出席、無料見積もり・・・など
とにかく何らかのアクションを起こしてから成果を支払う形になります。

 

逆に言えば

「反応した人の分だけ広告費を払えば良い」

という風になっており、企業にとっては無駄な広告費を払う必要がありません。

 

だからこそテレビCMを流せる資金が無いような中小企業はもちろん
大企業も参戦しているというわけです。

 

先ほど例として挙げた購入金額4000円のうち2000円を紹介者に払うケースで言えば、
仮に100人に紹介してもらったとしたら

2000円 × 100人 = 20万円

が広告費となるわけですが、同時に20万円の収益も上がります。

 

広告費と利益が相殺されてプラスマイナス0になりますが、
商品が売れた数だけ新規顧客開拓がされたことになります。

 

つまりタダで大量の新規顧客を開拓したことになるんですね。
あとはリピーター客を維持して収益を上げていけば良いのです。

 

上記の例では購入金額の半額ですが、商品によっては
購入金額以上の報酬をもらえるものもザラにあります。

 

私が扱っている案件には初回購入料金が500円くらいなのに
アフィリエイト報酬が8000円になっているものもあるくらいです。

 

だから資料請求や問い合わせなどでもアフィリエイト収益が発生するのは
当然のことなのです。

 

多少の費用が掛かったとしても、それで新規顧客を開拓出来てリピーター客に育てていけば
その赤字は十分に回収できる見込みが企業にはあるのです。

 

リピーター客に育てて継続購入させるのは新規顧客開拓よりずっと簡単ですからね。

 

このように、アフィリエイトというのは企業にとっても美味しいビジネスモデルなので
アフィリエイトが今後廃れることは無いと言っていいでしょう。

 

事実、アフィリエイトの市場規模は右肩上がりで年々増しています。

 

※参考 矢野経済研究所 アフィリエイト市場に関する調査を実施(2016)

 

スマートフォンの普及が進んで誰でもインターネット上で簡単に買い物が出来るようになったことを背景に
アフィリエイトはどんどん広まっていっているのです。

 

インターネットがなくなればアフィリエイトがなくなるという考えもありますが
代わりに商品を紹介してもらうということのメリットが大き過ぎるので
何らかの別の手段でアフィリエイトは存在し続ける、というのが私の考えです。

アフィリエイトが「怪しい」「詐欺」と思われるのは紹介する側のモラルの問題

これまでの話のように、アフィリエイトの本来の目的は悩みを持っている人に対して

「この商品ならあなたの悩みを解決できるかもしれませんよ」

と解決手段を提案することにあります。

 

商品を必要としておきながらその存在を知らない人に対して

「こんな商品があるんですよ!」

と教えてあげることに価値があるビジネスです。それこそが

 

・悩みを持っている人は解決手段を教えてもらえる
・企業は商品の新規顧客開拓が出来る

という「価値」をもたらすことになり、
商品を紹介したあなたは収益を得ることになります。

 

全ての人間が得をする、win-win-winの関係が成り立ちます。

 

私はビジネスの基本はこんな風に

「全員が得をすること」

だと考えています。

 

ただ、このアフィリエイトの本来の目的を忘れて

・本来なら商品が必要ない人たちを煽って無理やり売りつける
・「悩みが解決できる商品です」と言いながら中身が伴わないものを売りつける
・とにかく所かまわずアフィリエイト広告を張りまくる

 

こういう相手のことを無視して自分の利益だけを考える、
独りよがりなアフィリエイトこそが「詐欺」「怪しい」と言われてしまう原因です。

 

さらに言うと日本人は「お金を儲けること」に対して少なからず
背徳感や罪悪感を覚える人種で、その価値観も
そういった悪評に一役買っているというのもあるでしょう。

 

そして、こういう自分勝手なアフィリエイトをしている人は
残念ながら少なからず存在しています。

 

ただ、結局は商品を紹介する側のモラルの問題ということでもあります。
何を紹介するかをきちんと選べば「怪しい」「詐欺」ということは全くありません。

 

それに、お金を儲けることに対して背徳感や罪悪感を覚える必要はありません。

 

なぜなら、お金をもらうにふさわしい「価値」を与えており、
相応の「対価」をもらっているのがアフィリエイトだからです。

 

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトの具体的な仕組みですが、いくら「商品を紹介するだけ」とはいえ
何でも紹介できるわけではありません。アフィリエイトというのは

 

アフィリエイター ⇔ 商品を販売する会社

 

という風に販売会社と直接コンタクトを取るのではなく

 

アフィリエイター ⇔ 仲介会社 ⇔ 商品を販売する会社

 

という風に仲介会社を介した関係で出来ており、
このアフィリエイターと商品販売会社を仲介する会社のことをASPと言います。

 

ASPとはAffiliate Servise Provide(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の略で、
その名前の通りアフィリエイトサービスを提供してくれる会社です。

 

販売会社がアフィリエイターと個別にいちいちコンタクトを取っていたら
大変なのでASPが仲介をすることで提携がスムーズになるのです。

 

ASPは芸能人が所属する事務所とかマネージャーみたいなものと思ってくれれば分かりやすいでしょう。

 

 

ASPが発行する広告コードを取得することで自分のブログなどに広告を張ることが出来るようになります。



こんな感じですね。

 

これはA8.netという最大手のASPが発行している「善玉元気」というサプリメントの広告です。

 

 

ASPから取得できる広告にはこういったバナー広告の他にテキスト(文章)広告もあります。

 

乳酸菌ではない、乳酸菌発酵エキス。驚きのスッキリ実感力!  善玉元気

テキスト広告は自由に文章を変えられるので

 

毎日モリモリ出してスッキリだぜ!善玉元気をよろしくな!

 

こんな風に自分の好きなように書いてしまっても大丈夫です。

 

 

私は腸内環境に関するサイトをやっていてそこで善玉元気を紹介しています。善玉元気は1つ購入してもらうと6000円の報酬がもらえますので

10件売れれば 6000円×10=6万円

20件売れれば 6000円×20=12万円

の収入が得られます。

 

実際には月に15件くらいの成約なので善玉元気によって毎月10万円前後の収入を得ています。
このほかにも扱っている案件はいくつかありますが機会があればご紹介します。

 

今回はアフィリエイトの仕組みが主な話ですので
アフィリエイトがどれだけ稼げるのか?という話は
また別のところで詳しくしたいと思います。

アフィリエイトをするにはASPへの登録が必須

広告コードを取得するにはまずASPへ登録してアカウントを取得する必要があり、
広告からリンクを踏んで商品を買ってもらえば
ASPのアカウントに収益が計上されて定期的に報酬が支払われます。

 

ASPには色々な種類がありますが、A8.netはアフィリエイトにおける基本中の基本のASPになりますのでまず登録をしておくと良いでしょう。

 

登録すればどんな商品をアフィリエイト出来るのか?というのもわかりますしね。
そこで自分に合った商品を見つけると良いです。

 

へ~こんな商品があるんだ~!」って発見があるので見ているだけでも面白いですよ。
そして、なまはげに勝てるほどの尖った案件を見つけたら是非私に教えてください。

 

もちろんASPへの登録は無料ですから安心してくださいね。

 

>>A8.netの無料登録はこちら

 

アフィリエイトについての私自身の考え

最後に、アフィリエイトというものについての私自身の考えをお話しておきます。
まあ今までも割と話してきましたけどね。

 

世間では散々アフィリエイトは怪しいとか詐欺とか言われていますが、人が何と言おうと私は
人の役に立てる、社会貢献できる素晴らしいビジネスだと思っています。

 

ビジネスの基本は「おもてなし」

私はアフィリエイトは「人助け」だと思ってます。
例えば人助けには「道に迷っている人に道を教える」というのがあるでしょうか。

道案内が人助けになるのは「悩んでいる人に悩みを解決できる手段を教える」ということをしているからです。

 

「悩んでいる人に悩みを解決できる手段を教える」という本質は道案内もアフィリエイトも同じですよね?

 

悩んでいる人の悩みを解決できる手段を提供するのがビジネスです。
人助けとビジネスの違いは「対価を得るかどうか」だけです。
ビジネスは悩みを解決する代わりに対価を得るからこそ品質にもこだわるし責任感が出る。

 

「価値のある商品を提供することで悩みを解決してもらい対価を得る」
というビジネスにおける基本であり本質に則っているのがアフィリエイトなのです。

 

青臭い表現になりますが、私はよく「おもてなし」と呼んでいます。

アフィリエイトが詐欺と言われる原因「お金儲けの方法を教えます!」

アフィリエイトが「怪しい」「詐欺」と言われている一番の原因が

「アフィリエイトでお金を儲ける方法を教えます!」

と謳っている人たちの存在だと私は思います。

 

中には確かに実態の伴わない「怪しいお金儲けの方法」を教えている人間もいますが、
近年ではそういった人は随分減ってきています。

 

まあ、この記事を書いている私自身もこの部類の人間に入ることになるでしょうが、
どうも日本人は「お金儲け」に対して少なからず嫌悪感を示す傾向にあります。

 

ライブドアの堀江貴文氏やネオヒルズ族の与沢翼氏といった

「お金を儲けている人」

が道徳心のかけらもない拝金主義者かのようにテレビで言われてきたのは記憶に新しいところです。

 

これは

「普通よりお金を稼ぎまくっている人は怪しい人間に違いない」

「真面目に会社で働くことが真っ当な人間のすべきことだ」

こういう価値観を無意識に刷り込まれているからなのでしょう。

 

アフィリエイト広告を出しているというだけで容赦なく叩く
「嫌儲」という人種が一定数いるのもこれが原因です。

 

これまでお話してきたようにアフィリエイトは真っ当なビジネスの形態でしかないのですが、
どうしてもアフィリエイトに対する「怪しい」「詐欺」という声は今後もなくならないでしょう。

 

ただ、それとは別にあなたがアフィリエイトを始めるとしても
真っ当なことをして対価を得て、胸を張って欲しいと思います。

 

特にアフィリエイトは「紹介するだけ」というお手軽さからモラルが軽薄になりがちです。
例え自分が使っていない商品でも紹介出来てしまうんですね。

 

アフィリエイトが詐欺とか怪しいとか言われてしまうのは
こういったおもてなしの意識が無い人たちのせいでもあります。

 

そして、アフィリエイトが詐欺とか怪しいとか言われず
真っ当なビジネスとして地位を向上できるかどうかは
あなたの手にかかっているとも言えます。

 

まあ怪しいとか詐欺とか言っている人は
単にアフィリエイトのことをよく知らないというのもありますけどね。

 

よく知りもしないで何となくイメージだけで

ネットで稼げるとかそんな美味しい話があるはずがない、怪しい!

と言っているだけの人もいるでしょう。
そんな人にこそ是非このページを読んでもらいたいものですが。

 

もしかしたらあなたはこの記事を読んだことでアフィリエイトを始めて
月に数百万円とか物凄い金額を稼げるようになるかもしれません。

 

今後のアフィリエイト業界を担うほどの大きな存在になる可能性だって十分にあります。

 

だとしたらここであなたにアフィリエイトというものを教えた私の責任というのもあるわけです。

 

別に私にアフィリエイトを教わる必要はありませんし、
私が言っていることに同意できないところもあるでしょう。

 

確かにアフィリエイトというのは物凄く効率の良いシステムであり
紹介するだけで稼げるお手軽なものですがビジネスはビジネスなのです。


悩みを抱えながら人には言えず、その悩みを解決できる手段を必死で探している
血の通ったリアルな人間が画面の向こうに確かに存在するのです。

 

悩みを抱えている人間にそっと寄り添ってあげる、それがビジネスでありアフィリエイトの基本です。

アフィリエイトは怪しい!と思われている今がチャンス

冒頭でも少し触れたように、一般の人が

「アフィリエイトは怪しい!」

と思っているのはライバルが少ないということで逆にチャンスです。

 

何しろ、アフィリエイトは本気でやれば月100万円とか稼げてしまうビジネスです。

 

決してアフィリエイトが簡単というわけではありませんが
個人でやるビジネスとしては格段にハードルが低く稼ぎやすいというのは事実です。

 

だから例えば官僚になる人や医者になる人のような地頭の良い人が
アフィリエイトをやればたちまち物凄い金額を稼げるでしょう。

 

しかし彼らはアフィリエイトを始めることなど考えもしないでしょうし、
聞いたとしてもやらないでしょう。

 

なぜならば
「アフィリエイトなんて怪しいから」。

 

そして仮にアフィリエイトに手を出したとしてもほとんどの人が

「稼げなかった!やっぱり怪しかったじゃないか!」

と言って辞めていってしまいます。

 

 

リスクが少ないからと簡単な気持ちで始めたから続かないんです。
続ければ稼げるんですけどね。

 

何しろアフィリエイトをやっている人で月5000円以上稼ぐ人は全体の5%程度と言われていますから。

 

「怪しいから」という理由だけでほとんどの人がやらない、やっても続かない、こんなに美味しい話はないですね。

 

とはいえそれも今だけの話かもしれません。

 

もしアフィリエイトがもっと一般的に認知されるようになり、
凄く稼ぐことが出来る真っ当なビジネスであることが分かればもっと参入者は増えるでしょう。

 

事実、先ほどの話でもわかるようにアフィリエイトの市場規模はどんどん広がっていますし、
分野によっては会社などの組織単位でアフィリエイトをしているところもあります。

 

あの「コカ・コーラ」でさえ最初は「怪しい」「薬臭い」というのが理由で日本では全く売れませんでした。
それが今や日本中で飲まれているのはご存知の通りです。

 

で、やっぱり一番気になるのは

「アフィリエイトってどれくらい儲かるの?」

という話ですよね。これは別のところでお話したいと思います。

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。