アフィリエイトとは商品の紹介手数料を
もらうビジネスだということはざっくりと説明しましたが
もう少し体系的なことを説明していきましょう。

 

ブログに広告を張って、その広告をクリックした人に
商品を買ってもらうことで報酬がもらえるのが
アフィリエイトですが、この広告を張るために
ASPというサイトに登録する必要があります。

 

ASPというのは商品の販売者と
商品を紹介したいアフィリエイターを仲介する
サイトのことです。

 

アフィリエイト報酬の支払いや広告の発行など
すべてASPから行われています。

 

基本的にはASPへの登録は無料でできます。

 

登録が完了すれば晴れて広告を貼ることができるのですが
どんな形態のものがあるのかをこのサイトでも紹介している
「The Million Writing」を例に説明していきましょう。

 

The Million WritingはインフォトップというASPで
販売しており、以下はインフォトップから発行されている
広告になります。
    こういったバナー広告や    

The Million Writing

こういった文章での形態があります。

 

紹介の文章は自分で好きに変えることが出来るので
コピーライティングならこれ!最強のライティング教材・ミリオンライティング

こんなふうにすることもできます。

 

 

またアフィリエイトには大きく2種類に分けることができ、

    1. 成果報酬型アフィリエイト
    2. クリック保証型アフィリエイト

 

 

があります。

 

成果報酬型アフィリエイトというのは単純に
紹介する商品が売れたらその売上の 一部から
報酬が得られるというもの。

 

逆に言えば「売れなければ1円も入らない」ということです。

 

情報商材や物販など、ほぼ全てのアフィリエイト商品が
この成果報酬型の体系をとっていると思います。

 

それは、「売れなければ払わなくていい」というのが
販売者にとって都合がいいからですね。

 

上記のThe Million Writingは成果報酬型ですね。

 

クリック報酬型アフィリエイトというのは
成果報酬型アフィリエイトとは違って 広告を
クリックしてもらうだけで報酬が得られると いうもの。

 

商品を購入してもらわなくても報酬がもらえるのですが
報酬単価はそれほど高くなく、数十円程度です。

 

グーグルアドセンス、忍者Admaxなどのサービスがありますね。

 

ただ、どのクリック保証型アフィリエイトの広告を比べても
報酬単価が段違いに高いのがグーグルアドセンスなので
実質的にはクリック保証型というのはグーグルアドセンスのことです。

 


広告
[adsense]
 

これがグーグルアドセンスのクリック保証型広告で
クリックしてもらうといくらか報酬が入ります。

 

これの応用版としてYouTube動画にグーグルアドセンス広告を貼り付ける
という手法があります。

 

こうして稼いでいるのが、最近台頭しているYouTuberという人たちなのです。

 

実はこのグーグルアドセンス広告は、以前説明した
芸能人のアメブロにおける広告でもあるのです。

 

アメブロのアドセンス広告収入はそのほとんどが
運営元であるサイバーエージェントに持っていかれてしまいますが
自分のサイトであればその利益は丸ごと自分のものに出来ます。

 

初めにやるのは成果報酬型とクリック保証型のどちらがいいのか?

 

成果報酬型アフィリエイトは商品を売り込むための
文章スキル(コピーライティング)が必要になってきます。

 

その点、クリック保証型アフィリエイトはそういった
売り込みの文章スキルは不要なため
ものすごく早く成果が上がりやすいです。

 

ネットビジネスでお金を稼ぐということは自分が実際に稼ぐまで
どうしても都市伝説的な印象があると思うんですね。

 

「ネットビジネスって本当に稼げるのかな?」

 

その疑問を解消できないまま稼げずにやめてしまう
という人も多いようです。

 

ただ、それが1円でも2円でも自分で稼げることがわかれば
ものすごく大きな一歩になるはずです。

 

本当に稼げるのかという疑問を払拭し、自信を持って
続けられるようになる、という意味でもクリック保証型
アフィリエイトはいいと思います。

 

ただ、後々まで大きく稼ぐことを考えるとクリック保証型より
成果報酬型アフィリエイトの方が良いです。

 

というのも、クリック保証型アフィリエイトでは稼げる金額が
どうしても頭打ちになってしまうからです。

 

以前、ネットにおける収入の大きさは

 

アクセス量 × 商品単価 × 成約率 = 収入

 

という三要素を掛け合わせた式で表せるということを説明しました。

 

クリック保証型広告では、このうち商品単価成約率
操作することができないからです。

 

表示される広告はランダムに選ばれるのでクリック単価を
操作することができません。

 

また、グーグルアドセンス広告はクリックを誘発させるような
文章を書くことを禁止しています。

 

つまり「こちらをクリックしてください」とか
「クリックすると良いことがあります」とか
書くとアウトなのです。アカウント停止になります。

 

そうすると残った一つ、ひたすらアクセス量を増やすことでしか
収入を上げる手段がありません。

 

ただひたすら地道な作業の繰り返しとなってしまうでしょう。

 

なので、月数万円くらいのお小遣い稼ぎでいいとか
とにかく稼げるということの実感が欲しいという初心者は
クリック保証型アフィリエイトをやるのもいいと思います。

 

ただ、大きく稼ぐには成果報酬型の方が楽ですし、
ネットビジネスを本格的にやるならそちらにいずれシフトせざるを
得ないわけですから、それならば伸びしろがある成果報酬型
から始めた方が良いと思います。

 

案件によっては一つ売れば数千円なんてのがザラですし
アクセス数はお金で買うという最終手段もあります。

 

私自身が、最初にクリック保証型から始めて痛い目を見たという
体験もありますので。。。

 

さて、徐々に核心に迫ってきました。

 

アクセス量 × 商品単価 × 成約率 = 収入

 

のうち、最も重要なのが成約率です。

 

成約率とはすなわち、売り込むための文章スキル=コピーライティングです。

 

当ブログのドメインもコピーライティングとなっているように
アフィリエイトにおける超重要スキルなわけです。

 

次に、この成約率を上げるためのコピーライティングの
重要性についてせつめいしていきましょう。

 

最重要スキル コピーライティングとは

シェアしてくれたご恩は忘れるまで忘れません。